ディーン&井浦新主演「レ・ミゼラブル」SPドラマ化!山本美月、吉沢亮ら出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ディーン・フジオカ&井浦新 - (C)フジテレビ

 俳優のディーン・フジオカ井浦新が、ヴィクトル・ユゴーの名作小説に基づくスペシャルドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」でダブル主演を務めることが20日、フジテレビより発表された。フジテレビ開局60周年特別企画として来年1月6日、3時間にわたって放送される(夜9時~11時54分)。その他キャストに、山本美月吉沢亮村上虹郎清原果耶松下洸平清水尋也福田麻由子長谷川京子金子ノブアキ富田靖子寺脇康文伊武雅刀かたせ梨乃香里奈奥田瑛二ら。

【写真】総勢17名!人物相関図

 2012年に公開されたヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画『レ・ミゼラブル』をはじめ、これまでにも度々舞台化、映像化されてきた、ユゴーが1862年に発表した小説に基づく本作。設定を平成の日本に置き換え、1991年~1995年の神戸、2004年の東京、2018年の福島を舞台に、過去に罪を犯し別人に成り代わって生きる男と、彼を追い続ける刑事の30年間にわたる物語が展開。脚本を、ドラマ「絶対零度」シリーズ(2010・2011・2018)などの浜田秀哉、演出をドラマ「最高の離婚」(2013)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(2016)などの並木道子が担当する。

[PR]

 対峙する2人の主人公にふんするのは、ともに近年、映画やテレビドラマで引っ張りだこの実力派。波乱の人生を生きる馬場純(ばば・じゅん)役に、アレクサンドル・デュマの古典小説に基づくドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」(2018・4月クール)での復讐に燃える主人公も記憶に新しいディーン・フジオカ。馬場を追い詰める刑事・斎藤涼介(さいとう・りょうすけ)役は、「アンナチュラル」(2018・1月クール)での毒舌な法医解剖医役が話題になった井浦新。2人は、2015年放送のドラマ「探偵の探偵」(フジテレビ系)で共演している。

 ディーンは、「『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』で同じゴールに向かって一緒に戦い抜いたメンバー、初めてご一緒する並木(道子)監督、3年ぶりの共演になる井浦新さんや個性あふれるキャスト、スタッフの皆さんと共に新たな世界的名作シリーズに挑戦できることに喜びを感じています」とコメント。井浦は「役を固めて芝居に臨むのではなく、現場で生まれてくる熱を最大限に引き出すようにしたい。壮大だからこそ、なるべく力を抜いて、柔軟にアプローチできたら」と意気込みを語っている。

 そのほか、病に倒れ幼い娘を純に託すシングルマザーに山本美月、若き日の純と涼介に吉沢亮と清水尋也、純が育て上げた娘に清原果耶、若き純を窮地から救う自立支援施設の園長にベテラン、奥田瑛二がふんする。

[PR]

 プロデューサーの太田大は、企画意図を「平成最後の年明けとなる2019年の新春。一つの時代が終わり、裏を返せば新しい時代の幕開けでもあるこのタイミングに、希望を感じられる物語をお贈りしたいと思いました。そこで真っ先に思い浮かべたのが『レ・ミゼラブル』でした」と述べている。(編集部・石井百合子)

■原作「レ・ミゼラブル」概要
18~19世紀のフランス革命の時代を舞台に、一斤のパンを盗み19年もの間投獄されたジャン・バルジャンと、彼を執拗に追い続けるジャベール警部の30年間にわたる物語。脱獄したバルジャンは脱獄後、一人の神父と出会い改心し、別人に名前を変え成功を収めるも、ジャベールにより正体が暴かれ、再び逃亡。後半では身分を隠して血のつながらない娘を育て上げ、やがて時代の波にのまれていく。

フジテレビ開局60周年特別企画「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」は2019年1月6日夜9時~11時54分放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]