小栗旬、同級生の仰天誕生祝いエピソードを披露

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
愛がすごい…ゲスト声優を務めた小栗旬

 人気アニメシリーズの劇場版第5弾『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』の公開記念舞台あいさつが15日、都内で行われ、ゲスト声優を務めた小栗旬が登壇。高校時代の同級生との誕生日エピソードを披露した。

高所恐怖症を克服した小栗旬【イベント写真】

 1960年代を舞台に、3人の少年少女が大切な家族の魂を取り戻すため、妖怪たちと共に冒険に繰り出すさまを描く本作。壇上には小栗のほか、同じくゲスト声優のブルゾンちえみと、製作総指揮・原案・脚本を担当したレベルファイブの日野晃博らが登壇した。

[PR]

 敵妖怪・紫炎の声を演じる小栗は、「姪っ子や甥っ子が喜んでくれたのでよかった。アフレコは後半で呻くところが大変でした。『ううう~』って。でも、とっても楽しかったです」とアフレコを振り返る。もし妖怪になれるなら、「空を飛べる妖怪になりたい」そうで、「映画で紫炎はずっと飛んでいますけど、飛んでいる紫炎にアフレコする作業は楽しかったです」と嬉しそうに回顧した。

 映画のテーマである「友情」に話が及ぶと、毎年誕生日に高校時代の同級生がお祝いしてくれることを明かし、「彼らには友情を感じます」としみじみと語った小栗。ある年の誕生日では、香川照之と食事をしている最中に、香川側と連絡を取り合っていた同級生がサプライズで駆け付けてきてくれたという仰天エピソードを披露し、ブルゾンも「小栗さんへの愛がすごいですね」と感心していた。

 また、高所恐怖症が今年突然治ったことを明かした小栗は、「絶叫系の乗り物に乗れなかったのが乗れるようになった。マヒしたのかな」と照れ笑い。ブルゾンはそんな小栗に「そんなこと言ったら仕事きまくりますよ」と声をかけていた。(取材・文:名鹿祥史)

『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]