実写版『アラジン』ウィル・スミス演じるジーニーが衝撃! ビジュアル初公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ジーニーが青くない!?(画像は映画『アラジン』海外公式Instagramのスクリーンショット)

 ディズニーが手掛ける実写版『アラジン』(来年6月7日に日本公開)より、ウィル・スミス演じるジーニーらメインキャラクターのビジュアルが Entertainment Weekly で初公開され、話題になっている。

【動画】映画『アラジン』特報映像

 1992年の名作アニメーションを『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー監督が実写化する本作。主人公アラジンを新鋭ミーナ・マスード、王女ジャスミンを『パワーレンジャー』のナオミ・スコット、あらゆるものに変身できるランプの魔人ジーニーをウィルが演じる。

[PR]

 公開された3人のビジュアルの中でも、特に目を引くのがウィルふんするジーニーだ。ジーニーといえば、青い色をしたキャラクターだが、同ビジュアルではジーニーのトレードマークである髪型やヒゲを再現しているものの、全体的にウィル本人のままといった印象で、ファンに衝撃を与えた。

 でも、ご安心を。これは仮の姿だったようで、ウィルは「大丈夫、オレは青くなるよ! これはジーニーが人間に変装したときだ。オレのキャラクターはほとんどCGIになる」と自身のInstagramで明かしている。(編集部・中山雄一朗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]