『レゴムービー2』森川智之・沢城みゆき・山寺宏一の吹替版続投が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
壮大な銀河で何が起きる? 『レゴ(R)ムービー2』ポスタービジュアル - (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED (C) 2018 The LEGO Group. Used with permission. All rights reserved.

 ブロック玩具LEGO(R)をテーマにした人気アニメーション映画の続編『レゴ(R)ムービー2』の日本版予告編が公開され、前作で主要キャラクターの声を担当した声優陣の続投が明らかになった。また、日本公開日が2019年3月29日に決定した。

【動画】『レゴ(R)ムービー2』吹替版予告編

 全てがレゴブロックで出来た街ブロック・シティを舞台に、平凡なミニフィギュアだが底抜けに明るい主人公エメットの活躍を描いた『LEGO(R)ムービー』(2014)の公開から5年。謎の宇宙人によって、大切なルーシー(ワイルドガール)と、ついでにバットマンたちを誘拐されたエメットが、彼らのために宇宙へと飛び出し大冒険を繰り広げる。

[PR]

 吹替版では、エメット役の森川智之、ルーシー役の沢城みゆき、バッドマン役の山寺宏一と、前作でも話題を呼んだ実力派声優が再結集。公開された予告編だけでも、クリス・プラットエリザベス・バンクスウィル・アーネットら英語版の声優陣とはまた違った、爆笑必至の名演を期待させる。前作の大騒動で、すっかり『マッドマックス』な雰囲気になってしまったブロック・シティや、ヤバいクイーンが支配する“すべてがミュージカル”な惑星など、新たな世界観にも注目だ。

 監督は『シュレック フォーエバー』(2010)、『トロールズ』(2016)でカラフルな世界観を創出したマイク・ミッチェル。前作を手掛け、新作『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019)がアカデミー賞候補入りも確実視されているフィル・ロードクリス・ミラーが製作・脚本を手掛けた。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]