常盤貴子、膨大なセリフと格闘 19年ぶり日曜劇場主演で弁護士役に全力投球

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
TBSドラマ日曜劇場「グッドワイフ」で弁護士役として主演を務める常盤貴子

 女優の常盤貴子が7日、都内で行われた日曜劇場「グッドワイフ」(TBS系、1月13日21時~)プレミアム試写会&舞台あいさつに出席。日曜劇場での主演は「Beautiful Life ~ふたりでいた日々~」以来、約19年ぶりとなる常盤が、劇中のセリフを引用し、たぎる思いを吐露した。イベントには、常盤のほか、小泉孝太郎水原希子北村匠海滝藤賢一賀来千香子吉田鋼太郎唐沢寿明も出席した。

【写真】舞台あいさつの様子

 本作は、『エイリアン』などの巨匠リドリー・スコットらが製作総指揮を務める米ドラマ「グッド・ワイフ 彼女の評決」を原作にした法廷劇。常盤は、出産を機に弁護士を辞め専業主婦になったものの、検事である夫のスキャンダルをきっかけに16年ぶりに復帰する女性・蓮見杏子(はすみ・きょうこ)を演じている。

[PR]

 常盤は、第1話を振り返り「弁護士としてはブランクがあるけれど、16年間のわたしは家事も育児もやってきた。それは無駄になっているとは思えない」というセリフがお気に入りだと語ると「わたしも日曜劇場には19年のブランクがありますが、自分なりに一生懸命やってきた仕事の数々があるからこそ、ここに立てているんだと思います」と胸を張った。

 また久々の大役となるが「正直19年も経ったのかなという感じ」とあまりブランクを感じていないことを明かすと「気負うことなく、気持ちを穏やかにやれています」と笑顔。ただ法廷ものだけに、セリフの難易度は高いようで「とても難しいセリフが並ぶので、(小泉や水原、北村ら)弁護士チームのみんなで励まし合いながらがんばっています」と話し、現場でのチームワークの良さをうかがわせた。

 2019年は本作からスタートするが、常盤は「人生でこんなにセリフをしゃべった期間はないぐらい」と膨大なセリフと格闘していると言い、「もう今年はこの作品で仕事納めでもいいぐらい」と全力投球で臨んでいることを明かしていた。

 最後に「素晴らしいキャスト、一流のスタッフと一緒にがんばっている作品。日曜の夜に明日が楽しみになる内容になっています」と力強く作品をアピールしていた。(磯部正和)

日曜劇場「グッドワイフ」は、1月13日よりTBS系にて毎週日曜21時~放送(初回は25分拡大)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]