『アリー/スター誕生』のシャロウは何を歌っている?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
グラミー賞にもノミネート! - (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 『アリー/スター誕生』で映画初主演を果たしたレディー・ガガが、本作のために書き下ろした主題歌「シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた」(Shallow)に込めた思いを明かした。

【動画】「シャロウ」スペシャル映像

 本作は、スター歌手に才能を見いだされた女性が、スターダムへと上り詰める姿を描いた音楽ドラマ。「シャロウ」は、劇中でアリー(ガガ)がジャクソン(ブラッドリー・クーパー)と初めて出会った夜に口ずさんだメロディーをもとに、ジャクソンが完成させた曲で、アリーはジャクソンに背中を押されて大観衆を前に二人で披露することになる。

[PR]

 ガガが自身のアルバム「ジョアン」でもコラボした人気プロデューサー、マーク・ロンソンらと共に手掛けた同楽曲は、第61回グラミー賞で主要2部門を含む4部門でノミネートされているほか、第76回ゴールデン・グローブ賞の歌曲賞候補にもなっている。

 本作のサウンドトラックの中でも、最もお気に入りの曲として「シャロウ」を挙げたガガは「これは男女2人の間の会話になっていて、男性の方がこう語りかけるわけ。『話を聞かせてくれ/今の世界で満足かい?/それとも不安か?/求めるものは ほかにある?』と。すると女性側が『話を聞かせてよ/心の穴を必死に/埋めてきたのね/まだ足りないの?/平気な顔して/つらくない?』と答える」と歌詞を説明する。

 「それから彼女がこう歌うのよ、『飛び込んでいくの/そこは深い海/決して水底には着かない/水面を突き抜けたら/そこは私たちの世界/私たちはもう深みに入り込んだから』と。私が思うに、この曲ではとても深い絆について語っているのよ。浅瀬から深みに入り込んでしまった、そういう絆。それは人間誰もが探し求めているものなのよね。とても強い絆、とても深くて強い愛だわ」と語っている。(編集部・中山雄一朗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]