永瀬正敏、井浦新の気遣い絶賛 食事セッティングまで

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
甲斐監督と井浦新を絶賛した永瀬正敏

 俳優の永瀬正敏が7日、神楽座で行われた映画『赤い雪 Red Snow』完成披露試写会に菜葉菜井浦新甲斐さやか監督と出席した。永瀬は、甲斐監督の才能を絶賛すると共に、井浦が映画の世界観に没頭する共演者の心をほぐしてくれたと感謝を述べた。

【画像】互いに信頼 永瀬正敏&井浦新

 本作は、突然失踪してしまった一人の少年を巡り、容疑者となった女性の一人娘・江藤早百合(菜葉菜)と、少年の兄・白川一希(永瀬)、事件を追う記者・木立省吾(井浦)らの人生が絡み合っていく模様を描いた人間ドラマ。長編デビュー作となる甲斐監督の手がけた、オリジナルストーリーが展開する。

[PR]

 永瀬、菜葉菜、井浦共に甲斐監督の「圧倒的な脚本」に魅了され出演を決めたというが、それぞれのキャラクターが持つバックボーンはあまりにも重いもので、特に菜葉菜は“容疑者の娘”という役柄にのめり込んでしまっていたようだ。そんな撮影現場の状況を察した永瀬や、共演者の佐藤浩市らベテラン俳優たちは、彼女の心を解きほぐそうと、積極的に話しかけたり、食事に誘ったりしたという。

共演者への気配りを大切にしていたという井浦新

 なかでも井浦の貢献は相当なものだったといい、永瀬は「(井浦)新くんが、お店のロケハンをするなど、全部セッティングしてくれた」と井浦の行動力を絶賛。菜葉菜も「お父さんみたいだった」とその包容力に魅了されたことを告白すると、井浦は照れつつも「脚本を読んで、(永瀬と菜葉菜の)お二人が背負っているものがきつそうだったので、僕はとにかく気楽に楽しみ続けようと思った」と述べる。

 さらに井浦は、永瀬や菜葉菜の演技について「一緒にやりたくないぐらい」と独特の表現で称賛。一方の永瀬は「こんなこと言いつつ、新くんもすごいんですよ」と井浦の存在感に感服した様子だった。

 日本を代表する俳優たちに才能を絶賛された甲斐監督は「脚本を書いている途中から、ここに並んでいただいている俳優さんたちをイメージしていました。脚本を読んでいただき快諾していただけたことが光栄です」と笑顔を見せると「とにかく、この映画からなにかを感じていただければ光栄です」と客席に訴えかけていた。(磯部正和)

映画『赤い雪 Red Snow』は2月1日より全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]