『ボヘミアン・ラプソディ』ライヴ・エイド未公開シーン公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドンドンパッ!(画像はYouTubeのスクリーンショット)

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』より、ライヴ・エイドで「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を歌う未公開シーンの一部が公開された。

【動画】「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を歌う未公開シーン

 クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描き、日本でも大ブームとなっている本作。「ライヴ・エイド」はクイーンが1985年に出演した20世紀最大のチャリティー音楽イベントで、映画のクライマックスを飾るシーンだ。

[PR]

 劇中、同シーンで披露されたのは「ボヘミアン・ラプソディ」「RADIO GA GA」「ハマー・トゥ・フォール」「伝説のチャンピオン(We Are The Champions)」の4曲だったが、実際は「愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)」と「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を含む6曲を撮影していたという。

 公開された映像では、残念ながら本編ではカットされてしまった「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のシーンと実際のライヴ・エイド映像を比較することができる。

 なお、海外ではすでにブルーレイ/DVD化とデジタル配信リリースが発表され、その中には劇場では観られなかったシーンを含むライヴ・エイドの完全版が収録されることが明らかになっている。アメリカでは1月22日にデジタル配信、2月12日にブルーレイ/DVDリリースされる。(編集部・中山雄一朗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]