西野七瀬、乃木坂46卒業後初の連ドラ出演!テレ東「よつば銀行」で銀行員役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
グループ卒業後初の連ドラ出演となる西野七瀬

 2018年末でアイドルグループ・乃木坂46を卒業した西野七瀬が、1月21日よりテレビ東京系にて放送されるドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女(ひと)に賭けろ~」にレギュラーキャストとして出演することが明らかになった。グループ卒業後初の連続ドラマ出演となる西野は、出世欲のない銀行窓口係・松田葉子を演じる。

【動画】西野七瀬、乃木坂46卒業の心境を語る

 原作は、1993年から1997年にかけて「モーニング」で連載された漫画「この女に賭けろ」(周良貨・作、夢野一子・画)。都市銀行で総合職に就く主人公・原島浩美が営業課長として抜擢され、業績不振の支店を立て直していくさまを描いたドラマで、主演に真木よう子、脚本にNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの西田征史を迎えて実写化する。

[PR]

 初の銀行員役に挑む西野は、「私の演じる葉子は斜に構えていてあまりやる気のない子ということで、その感じも出せるようにいろいろと考えながら演じています! 」と自信たっぷりにコメント。主演の真木とは初共演だといい、「現場にあった真木さんの書いたナナナちゃん(テレビ東京キャラクタ ー)をみて、すごいおちゃめな方だなと思って、意外な方かもしれない!!! と思いました(笑)」と撮影現場でのエピソードを明かしている。

 プロデューサーの阿部真士は、西野の起用について「社会や世間に対して少し斜に構え、物事の捉え方もクール。だけれど、心の底にまだ爆発していないマグマが煮えたぎっている、そんな役のイメージと西野さんが合致したのです」と語っており、昨年彼女と対面した際には「対峙すると吸い込まれる“魔力”がある」と思ったという。また、女優として新たに歩み始める西野については「この作品が大女優への第一歩となるよう、全力でサポートします。ご期待ください 」と心強いコメントを寄せている。

 その他共演には、丸山隆平関ジャニ∞)、塚本高史三宅弘城森永悠希寺脇康文片桐はいり林泰文矢島健一木下ほうか古谷一行(特別出演)、柳葉敏郎といった豪華俳優陣が名を連ねる。(編集部・倉本拓弥)

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女(ひと)に賭けろ~」はテレビ東京系にて2019年1月21日より毎週月曜夜10時~放送(初回は15分拡大)※BSテレ東は1月25日より毎週金曜夜9時~放送

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]