山田孝之、ただのふざけたオジサンじゃ…女子中高生の質問に真摯な回答

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
プロデューサーとして全力で映画を支えた山田孝之

 俳優の山田孝之が17日、自身がプロデュースした映画『デイアンドナイト』の女子中高生試写会イベントに出席した。個性的なキャラクターを自在に演じ分ける一方で、女性のバストを測定するイベントに参加したり、アイドル好きも公言したりと、常に話題を振りまいている山田だが、この日は「ただのふざけたオジサンではないんですよ」と注意しながら、若者からの質問に真摯(しんし)に答えた。

【画像】女子中高生とセルフィーを撮る山田孝之

 「善と悪」「人間の二面性」をテーマに、父を死に追いやられた男・明石幸次(阿部進之介)が復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていくさまを描く同作。試写会に参加した女子中高生の一人から「『勇者ヨシヒコ』とか面白いドラマに出ていて好きですけど、今回は裏方に徹して、苦労や物足りなさはありませんでしたか」と問われた山田は「ただのふざけたオジサンではないんですよ。いろいろ頑張ってやってるんです」と笑顔で注意を促す。

[PR]

 そのうえで「物足りないということはなかったです。プロデューサーとしてワンシーンも出ないと最初から決めて、スタッフ・キャストがベストパフォーマンスに近づけるようにサポートすることだけを考えていたので」と説明。「たまに(現場で周囲を)ちゃかしたりはしていたけど、この現場においてふざけたいな……というのはなかったです」と振り返った。

 その後も、撮影にまつわるエピソードを披露したかと思えば、女子高生の学校生活における悩みに人生の先輩として答えるなど、真摯(しんし)に対応する山田。「彼氏にファーストキスはまだ(していない)とウソをついていることは善か悪か?」という質問には、「そのウソは一生つき続けなさい。男性にはその方がいいです」と男性目線で的確な(?)アドバイスも送り、会場の笑いを誘っていた。

 またこの日のイベントには、家族を知らない孤独な少女・奈々役を務めた女優・清原果耶も登壇予定だったがインフルエンザのため欠席。清原のファンという観客から、彼女の現場での様子を尋ねられた山田は「本当にすごいんですよ清原さんって。傍から見ていて、どうしようと悩んでいる様子はオーディションの時から感じなかったです。オーディションのときから清原さんは奈々でした」と称賛していた。(取材:錦怜那)

映画『デイアンドナイト』は1月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]