大泉洋『そらのレストラン』撮影中に謎の劇団が誕生?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
澤部渡(スカート)、石崎ひゅーい、高橋努、大泉洋、本上まなみ、マキタスポーツ、深川栄洋監督

 大泉洋が17日、映画『そらのレストラン』プレミアイベントに出席し、同作の撮影中にマキタスポーツを座長とする「劇団八雲」なる集団が結成されたことを明かした。イベントには、大泉のほかに本上まなみ高橋努石崎ひゅーい深川栄洋監督、主題歌と挿入歌を担当した澤部渡スカート)も来場した。

大泉洋が大はしゃぎ!【写真】

 『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く、大泉主演の北海道映画シリーズ第3弾となる本作は、海が見える牧場でチーズ作りに励む家族とその仲間たちの絆を丹念に描いた人間ドラマ。この日の登壇者たちは、劇中でも披露しているギャルソン姿で登場。ファンから声援を浴びた大泉は「『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』とオーディションを勝ち抜いて、主役を射止めてきました。この間まで『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の宣伝をしていたのに、もう『そらのレストラン』が公開ということで、驚いております」とジョーク交じりにあいさつ。

[PR]

 イベントでは、大泉やマキタを中心に男性キャスト陣が大はしゃぎ。彼らの会話には「これは『劇団八雲』だからできることですよ!」といった「劇団八雲」というキーワードがしばしば登場。「劇団八雲」とはいったい? と首をかしげる観客のために、大泉の口からマキタを座長とする謎の劇団の実態が明かされることとなった。

 大泉によると『そらのレストラン』の撮影中、物語の舞台でもある歓楽街のない「せたな町」と歓楽街のある隣町の「八雲町」、どちらのホテルに泊まりたいかキャスト陣に選択権が与えられたという。マキタ、高橋、石崎、そして共演者の岡田将生は八雲町のホテルを選んだが、隣町といいつつ八雲町は車で1時間ほどかかる距離。そして、送迎は車1台で行われたために集団行動を余儀なくされたマキタらキャスト陣は、持て余した待ち時間に台本の読み合わせを行っていたのだとか。

 そんななか、遅れて合流した大泉は、すでに到着していたマキタらを目にして「我々からしたら劇団にしか見えない。あなたたちは『劇団八雲』だ!」と感じたそう。大泉が「私とまなみちゃんは近いところにいたので『客演』という立場でした」と振り返ると、マキタは「いいか、客演になめられるなよ!」と対抗意識を燃やす。ほかにも、大泉は「劇団八雲」の面々が温泉が熱くてなかなか入れなかったり、座長のマキタが温泉ですべって転んだりした話を喜々として報告。撮影ですっかり仲良くなったチームワークの良さを見せつけていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『そらのレストラン』は1月25日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]