土屋太鳳、つんく♂書き下ろし曲歌う SPドラマ「約束のステージ」メインテーマ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「約束のステージ」でタッグ 土屋太鳳とつんく♂

 女優の土屋太鳳が、音楽家・つんく♂の書き下ろしによる、読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~」(2月22日よる9時~)のメインテーマ「幸せのセレナーデ」を歌うことが明らかになった。

【画像】土屋太鳳×百田夏菜子が音楽ユニットに!

 本作は、五木ひろし八代亜紀など、多くのスター歌手を輩出した1970年代のオーディション番組「全日本歌謡選手権」をモチーフとした青春ドラマ。土屋と、ももいろクローバーZ百田夏菜子の初共演で、現代から1975年にタイムスリップしてしまった主人公・小沢翼(土屋)と、彼女を助けた女性・大空つばさ(百田)が、歌手になる夢をかなえるためユニットを結成し「全日本歌謡選手権」に出場する姿を描く。

[PR]

 「幸せのセレナーデ」は、ドラマのため、つんく♂が舞台となる1970年代をイメージして作成したテーマ曲。土屋ふんする翼がさまざまな思いを背負いながら、晴れの大舞台で全身全霊をかけて歌い上げるシーンが見どころだ。土屋は「綺麗ごとじゃないのに、すごく純粋で、せつなくて。さすがだと思いましたし、今もずっと心を奪われてます」とその出来に大感激。つんく♂とのレコーディングも、驚きと感動の連続だったという。

 「私は自分の声に大きなコンプレックスを持っていて、いざという時に声が出なくなる時期が続いていたこともあり、歌は大好きだけれど、人前で歌うことには、ずっと戸惑いが消えなかったんです。凄く音楽が好きで救われてきたのに、だからこそ自分が関わっちゃいけないような気がして。でも、つんくさんはディレクションの一言目で、その意識を180度変えてくださいました。『もっとマイクに近づけて、歌うのではなく、囁いて』という言葉をいただいた時、歌うんじゃない、これは心の声なんだと目から鱗の気持ちになりました。その目から鱗の『鱗』が、翼の心を通して、涙になったのだと思います」

土屋太鳳の歌声も話題になりそう

 一方のつんく♂は、「本人は無意識と思いますが、ときおりお皿をこすったようなキュキュっとする、かわいい声の部分が出てきてそれが個性的で魅力的な声をしてるなと思いました」と土屋の歌声を分析。もし、“歌手・土屋太鳳”をプロデュースするなら? と尋ねられると「彼女が今14歳の設定としてデビューから考えていいのであれば、とにかく、明るくフレッシュな個性的な曲を2、3曲出して、スマッシュヒットをCMやドラマと共に出します。年齢もいい感じになった“ここぞ!”というときに、マイナー調の悲しく重めのしっかりした曲で大ヒット目指してみたいですね」とプランを明かした。

[PR]

 70年代は、つんく♂にとって子供時代。楽曲に込めた思いを「時代は高度成長期で、浮かれていた人が多かったかもしれませんが、学生や若者みんなが勝ち組だったとも思えません。そういう人たちの心の支えになるのが音楽や流行歌だったとしたら、そんな方たちへの応援歌になればなって思って作りました」と明かし、「僕自体もタイムスリップした感覚で、憧れていたあの時代のみなさんの仲間入りを勝手に果たした気分で 超たのしくお仕事ができました」と振り返っている。

 本作には、俳優・向井理も出演。監督は『陽はまた昇る』『半落ち』などの佐々部清。脚本は「グッド・ドクター」『翔んで埼玉』などの徳永友一が手掛ける。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]