『名探偵コナン 紺青の拳』山崎育三郎&河北麻友子がゲスト声優!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
英語多めのセリフに挑む! - (C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 「名探偵コナン」の劇場版最新作『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』(4月12日公開)のゲスト声優が発表され、山崎育三郎がシンガポールの名探偵と呼ばれ、コナンと怪盗キッドの前に立ちはだかる犯罪行動心理学者、そして実業家のレオン・ロー役、河北麻友子がレオンをサポートする美人秘書のレイチェル・チェオング役を務めることが明らかになった。2人が出演するパートの大部分は英語のセリフになるという。

【写真】山崎&河北が担当するキャラクター!

 シンガポールが舞台となっている本作では19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」をめぐってストーリーが展開される。コナンの宿命のライバル・怪盗キッドのほか、杯戸高校・空手部主将であり400戦無敗の最強の男・京極真が登場する。

[PR]

山崎育三郎が担当するレオン・ロー - (C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 絶対的主人公のコナンと敵対する今回の役どころについて山崎は「コナン君は何でも解決してしまうので、ギリギリのところまで追い込んでいきたいです」とコメント。河北は「少しでも(山崎さん演じるレオンの)力になれたらと思います」と続けている。

河北麻友子が担当するレイチェル・チェオング - (C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 英語のセリフが中心となることについて16歳までニューヨークに住んでいた河北は「日本語より、英語の方が得意なので、ホッとしています(笑)」とし、高校時代にアメリカに1年間留学経験があるが、これほど英語のセリフが多いのは初めてだという山崎は「英語での演技やセリフは頑張らなければいけないので、河北さん、発音とかいろいろ教えてください!」と河北を頼りにしている。(編集部・海江田宗)

[PR]

<コメント全文>
山崎育三郎:日本を代表する作品なので、オファーを聞いたときは本当に嬉しかったです。僕が演じるレオン・ローという役は、シンガポールの名探偵とも呼ばれる犯罪心理学者で、今は実業家という謎めいている部分が多い役ですが、魅力的に演じたいと思います。コナン君と敵対するということですが、コナン君は何でも解決してしまうので、ギリギリのところまで追い込んでいきたいです。高校2年生のときに、アメリカのミズーリ州というところに1年留学していましたが、英語での演技やセリフは頑張らなければいけないので、河北さん、発音とかいろいろ教えてください!

河北麻友子:今回は海外が舞台ということで、とても楽しみです。私はレオンの秘書役のレイチェルを演じます。レイチェルは日本語と英語、どちらも使うので知的な役どころかなと思います。私は生まれも育ちもニューヨークで、16歳までニューヨークに住んでいました。英語には自信があります! 日本語より、英語の方が得意なので、ホッとしています(笑)。事務所の先輩の上戸彩さんが出演された前作がすごい記録なので(スタッフの方に)めちゃめちゃプレッシャーをかけられてますけど……(笑)。今回の映画も皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]