タトゥー&ピアスで激変!実写『東京喰種』続編、ウタ役・坂東巳之助が続投

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ウタ役で再び出演! - (C) 石田スイ/集英社 (C) 2019「東京喰種 トーキョーグール2」製作委員会

 映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』(7月19日全国公開)に、歌舞伎役者の坂東巳之助が再びウタ役で出演することが明らかになった。

前作の坂東巳之助【写真】

 石田スイの同名人気漫画を実写映画化した『東京喰種 トーキョーグール』(2017)の続編となる本作。坂東は前作でも、人気キャラクターでマスク屋を営んでいるウタを演じたが、常に目が赤く変化する“赫眼(カクガン)”状態で、刈り上げにピアス、全身タトゥーという個性的な役を再び務めることになった。

[PR]

 「光栄に思います」と続投を喜んだ坂東。「凝りに凝ったタトゥーもピアスも健在、前回はおやつだった美味しい目玉は今回おつまみになりました。徐々に、しかし確実に動き(蠢き?) 始めていくウタさんに是非ご注目ください」とメッセージを寄せた。

 物語の舞台は、食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。ウタは、前作で半喰種となってしまった主人公カネキのためにマスクを作り、カネキを気にかけていたが、今作では喰種が集う「喰種レストラン」にも関係しているような、怪しい表情を見せるという。

 カネキを演じるのは、前作同様に窪田正孝。「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種で劇場版初登場となる月山習役を松田翔太、ヒロイン・霧嶋董香役を山本舞香が務める。そのほか西尾錦役の白石隼也、永近英良役の小笠原海超特急)、笛口雛実役の桜田ひより、亜門鋼太朗役の鈴木伸之も続投し、カネキと月山のそれぞれの正義がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いが描かれる。(編集部・小松芙未)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]