『未来のミライ』細田守監督の発言に拍手 アカデミー賞イベントで

第91回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アカデミー賞長編アニメーション映画賞のシンポジウムに参加した『未来のミライ』の細田守監督と斎藤優一郎プロデューサー

 『未来のミライ』が長編アニメーション映画賞にノミネートされた細田守監督が、現地時間の23日、アカデミー賞長編アニメーション映画賞の候補者たちが一堂に会する、毎年恒例のシンポジウム「オスカーウィーク:アニメイテッド・フィーチャー」に登壇。ビバリーヒルズにある映画芸術科学アカデミー(AMPAS)の本部で開催された。

【動画】『未来のミライ』細田守監督インタビュー

 シンポジウム前のレセプションで、今回オスカーに初めてノミネートされた細田監督はまず、「すごく楽しんでいます」と一言。「ただ授賞式に出ればいいのかなと思っていたら、その前にセレモニーとかたくさんあって、短編と長編アニメーションのノミニーたちと食事会をしたり、ロサンゼルスでアニメーションを作っている大物プロデューサーのパーティーに参加して親交を深めたり、アカデミー賞には授賞式だけじゃない大きなお祭りのようなムードがありますね」

[PR]

 今回、長編アニメーション映画賞において、ハリウッドのスタジオ作品以外で『未来のミライ』が唯一ノミネートされたことを、細田監督は「世界が多様化していることの表れではないか」と捉える。「この映画は僕の二人の子供がモデルになっている。そうしたプライベートな作品が、こういった国際的な舞台で評価されるというのはとても意義があることだと思います」

『スパイダーマン:スパイダーバース』の監督たちと談笑する細田監督&斎藤優一郎プロデューサー 写真:細谷佳史

 アカデミー賞の旅を通して、細田監督は多くの刺激を受けているようだ。「『スパイダーマン:スパイダーバース』の監督たちに初めて会って、彼らが非常に苦労して作品を作ったという話を聞いて、どこでも苦労してアニメーションを作っているんだということでお互いに共感し合ったり、短編の作家たちとも、『どうやって作っているの?』と仲良く話したり出来ました。昔からファンだったアルフォンソ・キュアロン監督とも会って話しましたが、とても気さくな方でしたね。すごくメキシコ人っぽくて親しみ深い人でした。今、次の作品を考えていますが、さらにいい作品にするための経験をたくさん得られる場、作り手がみんなで会って、たたえ合い、そして、それぞれがまた新しい作品作りに戻っていくというのが、僕にとってのアカデミー賞だなと感じています」

[PR]
『インクレディブル・ファミリー』のブラッド・バード監督(右)、プロデューサーのニコール・パラディス・グリンドル(中央)とジョン・ウォーカー(左)「僕がアニメーションを始めたとき、アニメーション映画は少ししか作られていなかった。そして今、これ以上ないほどそれと逆の状況になっている。日本には、みんながアニメ映画を支持するという伝統がある。そういったことはアメリカではとても新しいことなんだ。アニメーション映画が子供を越えた観客を楽しませることが出来るという考えはね。だから、バラエティのあるアニメーション映画が作られ、それらが受け入れらているのを見るのは喜ばしいことだよ」(ブラッド・バード監督)写真:細谷佳史

 また、『未来のミライ』が本部門の中で唯一の伝統的な手描きの2Dアニメーションであることについて、細田監督は、単なる技法以上の意味があると見る。「(日本では)手描きのアニメーションというのは僕らだけじゃなくみんなやっていますが、そういったことは手法とかではなく、アイデンティティーなんですね。自分たちのものを表現するのにその技法というのが、技術が高いとか低いとかじゃなく、自分自身に密接に関わっている表現方法なんです。そしてそれをしっかりと表現をしていくことによってアニメーションが豊かになれば、と思います」

[PR]
『シュガーラッシュ:オンライン』のフィル・ジョンソン(左)&リッチ・ムーア監督(中央)、プロデューサーのクラーク・スペンサー(右)「(オスカーは)テクニシャン、アーティスト、プロデューサーたちのグループにとって素晴らしい指標だよ。彼らの仕事が、同じ職種の人たちに評価されるのはね、僕にとってはそれがこの賞の意味だ。名声とか華やかさじゃない。それをスタジオに持ち帰ることで、人々は、『あなたの仕事は大切だ』と伝えるなにか具体的なものを手にすることが出来るんだ」(リッチ・ムーア監督) 写真:細谷佳史

 本作がノミネートされたことに「今回、ノミネーション作品の大半がアクション系の作品で占められていた中で、4歳の子供の日常を基にした作品が評価された」ことが重要だった、と細田監督。「アニメーションと言えばアクション映画、子供向けの映画と思われがちですが、実写映画と同じように、家族の問題、現代の問題、人生の問題をちゃんと表現出来るんです。アニメーションが、みなさんと一緒に感動を共有出来る映画表現に変化しているということで言えば、今回の『未来のミライ』のノミネーションは本当に意義のあるものだと思います。単に日本の作品がアカデミー賞にノミネートされたということだけじゃなく、題材的にもこういったものがアカデミー賞の器の中に入っているということの重要な意味を皆さんに知ってもらいたいと感じています」

[PR]
『スパイダーマン:スパイダーバース』のチーム。左から、ロドニー・ロスマン(監督)、ピーター・ラムジー(監督)、ボブ・ペルシケッティ(監督)、クリストファー・ミラー(プロデューサー)、フィル・ロード(プロデューサー&脚本) 「僕たちはすでに勝っているよ。みんながどうこの映画に反応してくれているかということで、すでに勝者のように感じているんだ」とコメント。そして、「日本の観客は、アメリカ人の観客の前に、アニメーションはジャンルじゃなくて、媒体だということを理解してくれていた。みんなのためのものだということをね。この映画は多くの日本人観客に共感を覚えてもらえると思う」(クリストファー・ミラー)写真:細谷佳史

 ちなみに授賞式で楽しみにしていることについて、以下のように述べている。「僕もアカデミー会員になって投票しましたので、自分が選んだ作品と結果を照らし合わせて見るのを楽しみにしています。でも、そういった話じゃないですね(笑)。授賞式に参加するのは僕も初めての経験でどんな気持ちになるかわかりませんが、そうそうはないことなので、その素晴らしさを、ノミネートされた者として楽しみたいと思っています」

[PR]
シンポジウムの様子  Phil McCarten / (C)A.M.P.A.S.

 シンポジウムでは、初のオスカー・ノミネーションについて問われ、アメリカでの意外な反応について言及。「『未来のミライ』は97か国で配給されているのですが、アメリカではこの作品は理解されないのではないかと思っていたんです。子供が出てくるけど、冒険ものじゃないし、アクションもカーチェイスもない。アメリカの観客に『この映画、何もありません。ただ子供の日常を描いているだけです』と言ったんですが、それをすごく喜んでくれて、ノミネーションされることになって本当にびっくりしました」と作品が届いたことへの喜びを語った。

シンポジウムで質疑応答に応じる細田守監督 Phil McCarten / (C)A.M.P.A.S.

 そして話題は、2Dのアニメーターが減少しつつある現状に及んだ。細田監督は「僕はやっぱり、美術は紙に絵の具で描くべきだし、キャラクターも手でアニメーションを作るべきだと思っているので、本当に困っています。もっと手描きでアニメーションを作る必然性のある作品があると思うんです。一昨日もNetflixの現場に行って、グレン・キーン(『美女と野獣』などを手がけた伝説的なアニメーター)さんと話したんですが、彼も手で描きたい人で、諦めないで頑張ろうという話をしてきたんです」と語ったところで、会場内に大きな拍手が巻き起こった。

[PR]

 今年の長編アニメーション映画賞シンポジウムには、『インクレディブル・ファミリー』のブラッド・バード監督とプロデューサーのジョン・ウォーカーニコール・パラディス・グリンドル、『犬ヶ島』のプロデューサーのスティーヴン・レイルズ、『シュガーラッシュ:オンライン』のリッチ・ムーアフィル・ジョンソン監督、プロデューサーのクラーク・スペンサー、『スパイダーマン:スパイダーバース』のボブ・ペルシケッティピーター・ラムジーロドニー・ロスマン監督、プロデューサーのフィル・ロードクリストファー・ミラー、そして、日本から『未来のミライ』の細田守監督とプロデューサーの斎藤優一郎が参加した。『犬ヶ島』のウェス・アンダーソン監督は、フランスで撮影中のため、残念ながら参加出来なかった。(取材・文:細谷佳史、吉川優子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]