映画『海獣の子供』芦田愛菜、窪塚洋介の息子・愛流らが声優

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キービジュアルも公開! - (C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

 映画『鉄コン筋クリート』などで知られるアニメーション制作会社STUDIO4℃が五十嵐大介の漫画を映画化する『海獣の子供』の主人公の声を芦田愛菜が担当し、『リメンバー・ミー』で主人公・ミゲルの日本語吹き替えを務めた石橋陽彩、そして俳優の窪塚洋介を父に持つ窪塚愛流(あいる)が声優として参加していることが明らかになった。あわせて本作の特報映像とキービジュアルが公開され、映画の公開日が6月7日に決定したことも発表された。

【動画】圧倒的作画表現!『海獣の子供』特報映像

 自然世界への畏敬を圧倒的な画力と独自の表現で描く五十嵐の代表作をアニメーション映画化する同作。芦田は「『命のはじまりってどこにあるのだろう。自分の存在意義って何だろう』と同じ14歳の琉花と一緒に考えたり、知りたいと思いながら演じさせていただきました」と主人公の琉花に寄り添ったという。

[PR]

 琉花と共に物語の鍵を握る二人の少年、弟の「海」と兄の「空」の声を担うのは石橋と窪塚。石橋は「『海』は、嬉しいことも、悲しいことも、ありのままに表現する少年なので、僕も声変わりの今をありのままに受け入れて役に入り込むことができたと思います」とし、窪塚は「歳が近い魅力的な『空』の役になりきり初めての声優に挑戦したい! ということと、父が『海獣の子供』の漫画がとても好きだということで、コレはやるしかない! と思い挑戦しました」と初挑戦となる声優への思いを語っている。

(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

 原作の五十嵐は「映像に音が乗った瞬間、一気に世界が立ち上がり、自分が海の風に飲み込まれるような感覚になりました。その映像は壮大さに加え、細やかな演出と作画によって原作では描き切れなかった登場人物の心情に寄り添ったシーンになっていました」とコメントを寄せている。

 また、今作の音楽は映画音楽界の巨匠・久石譲が担当した。久石は原作の世界観を深く描き出すために、全編書き下ろしを行なっている。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]