松坂桃李が最優秀助演男優賞!初受賞に感極まる

第42回日本アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
最優秀助演男優賞に輝いた松坂桃李

 第42回日本アカデミー賞の授賞式が1日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、『孤狼の血』の松坂桃李が最優秀助演男優賞に輝いた。今回が初受賞となった松坂が、感極まった様子でスピーチを行った。

感極まる松坂桃李…!【写真】

 昨年の日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞を受賞し、この日はプレゼンターを務めた広瀬すずからブロンズを受け取った松坂は、ステージに上がり、マイクの前に立ってからもすぐには言葉が出てこないほど受賞に驚き、感激した様子。

[PR]

 「いや~、はい。ほんとにすごく嬉しいです。なにを言えばいいんでしょうか」と少し頭をかかえた後、「白石(和彌)さんとは2作目なんです。僕が20代の半ばくらいにちょっと違う色の作品に挑戦していきたいとマネージャーさんたちと話している時に、白石監督の『凶悪』を観て、ぜひ白石監督の作品に出たいと言っていたんです」と振り返る。

 「その中で何かのご縁があり(白石監督と)お仕事をする機会がありまして。そこで一緒にやらせていただいたのが蒼井優さんとの共演作(『彼女がその名を知らない鳥たち』)で。とんでもないゲスな役で『本当に僕でいいんですか?』と何度も聞いたんですが監督が『お願いします』ということで」

 「自分がまったくやったことのない毛色の役をやらせていただいて、すごく刺激になって。その後、短いスパンの中で『孤狼の血』という作品に監督が呼んでくださって」と続ける。そして、最後は少し声を震わせながら「僕にとって財産のような、そんな作品になりました。『孤狼の血』のメンバーのみなさんと喜びを分かち合えるのは僕にとって最高の時間です。……うまくまとまらないですね(苦笑)。この受賞をみなさんと一緒に分かち合いたいです」と締めくくった。

[PR]

 『孤狼の血』は柚月裕子の小説を白石監督が映画化した作品。暴力団対策法施行以前の広島県を舞台に、血で血を洗うすさまじい抗争を起こしている暴力団と、彼らを追う刑事たちのバトルが描かれた。新人刑事の日岡を演じた松坂は、第92回キネマ旬報ベスト・テン、第61回ブルーリボン賞、第40回ヨコハマ映画祭でも助演男優賞を獲得しており、その演技を高く評価されている。

 ほか同部門では岸部一徳(『北の桜守』)、ディーン・フジオカ(『空飛ぶタイヤ』)、西島秀俊(『散り椿』)、二宮和也(『検察側の罪人』)が優秀賞を受賞した。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]