桜田通、主演映画『ラ』完成に熱い思い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主演を務めた桜田通

 俳優の桜田通が14日、新宿武蔵野館で行われた映画『』の完成披露上映会に来場し、本作に対する熱い思いを語った。

桜田通、福田麻由子、笠松将ら登場!【写真】

 桜田が主演を務めた本作は、解散したバンドの再結成を目指し、失われた友情を取り戻すために奮闘する若者たちの姿を描く音楽青春映画。桜田はバンドの元ボーカルの慎平を演じた。完成披露のこの日は、共演者の福田麻由子笠松将ダンカン高橋朋広監督も来場した。

[PR]

 大勢の観客で埋まった客席を見渡しながら桜田は「これから『ラ』の魅力を語って、楽しく過ごしていきたいと思います」とあいさつ。福田も「みなさんに観ていただくことに緊張もありますが、うれしく思っています」と晴れやかな顔を見せた。

 桜田は本作のオファーを受けたときに「これは自分自身も挑戦だな、軽い気持ちでオファーは受けられないなと思いました。実際に監督とプロデューサーにお会いして、作品に対する熱い思いを聞いて、こんな熱い人たちと、こんなにも試練が多そうな役を一緒に乗り越えられるのかということが楽しみでした」と語る。

 本作は、最初に1か月ほどのリハーサルを行った後に撮影に入ったそうで、それが出演者たちによい影響があったという桜田。「『初めまして』という状態から仲がいい役を演じなければいけないことがよくあることなのですが、慎平と(笠松が演じる元バンドメンバーで元親友の)黒やんはただの仲良しを一歩越えた存在で、2人が過ごした日々を疑似体験して腑に落ちてから作品に飛び込んだので、やっぱり初めましてではできない芝居だったなと思います」と胸を張る。

 それだけに本作に対する思い入れが強い様子の桜田は「口下手な僕たちが真剣に演技に向き合って作った『ラ』を観ていただけてうれしく思います。しかし、ただ『面白かったね』というだけで通り過ぎてしまうのではないかという不安もあります」と正直な思いを明かす。「単に桜田通が観たいという人だけでは足りなくて。こういうお願いは普段あまりしないのですが、映画を観てよかったなと思ったら、多くの方に届けてください。嫌いな人にでも構いません。ぜひ多くの方に伝えてください」と切々と訴えていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ラ』は4月5日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]