松尾太陽、卒業式のビターな思い出を告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
卒業式の思い出を語る松尾太陽

 松尾太陽が26日、都内で行われた「ハピチャン好評記念!ハッピーメガ盛りdTVプレミアムイベント」に杉野遥亮甲斐翔真と登壇し、卒業にまつわる苦い思い出を明かした。

杉野遥亮、松尾太陽、甲斐翔真が胸キュンセリフを生披露!【写真】

 NTTドコモが実施しているキャンペーン「ハピチャン」の好評を記念して行われた同イベント。松尾は杉野、甲斐とともに映像配信サービスdTVで配信中のドラマ「花にけだもの~Second Season~」(dTV×FOD共同製作)に出演しており、この日はスペシャルゲストとして姿を見せた。イベントでは、劇中の胸キュンセリフを生披露したり、仲良しトークを繰り広げたりと会場を大いに盛り上げた。

[PR]

 イベント中、3人はドラマのテーマである「卒業」についてトークを展開。松尾は「卒業式にはモテている学生の第二ボタンがなくなるという謎の行事があるじゃないですか」と切り出して「僕には1個もボタンをあげる人がいないし、『ください』という人もいないから、男友だちと交換していました。傷の舐め合いですね。小中高となんでこんなにも! と思うくらい」と冗談めかして告白した。

 とはいえ、現在は俳優としてもメインダンサー&バックボーカルグループ・超特急タカシとしても人気上昇中の松尾。本作について聞かれると「いろいろ頑張っていると『花にけだもの』みたいな素敵な作品に出会うこともできるし、今までになかった経験ができています」と笑みを浮かべていた。

 また、占い師のゲッターズ飯田が登場し、3人の運勢を占う一幕も。松尾について飯田が「今年、これまでにまったくやったことがない役がくる。海外に行ったらオファーがあるかもしれない」と診断すると、松尾は「びっくりしているんですけど、嬉しいです」と感激の表情。さらに、アクション作品を勧められると「自分でも想像できない。運動めちゃくちゃ苦手なんですよ」と及び腰の松尾だが、甲斐から「太陽のヤンキー役が見たい」と伝えられると「今後違う役にも挑戦したいと思っていたので頑張ろうと思います」と意気込みを口にした。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]