『ドラえもん』5週連続1位と圧倒的強さ!『ダンボ』は2位スタート

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
人気がすごい! - (C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

 土日2日間(3月30日~3月31日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』が5週連続1位に輝いた。

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』予告編

 5週目も1位を独走する本作は、アニメ「ドラえもん」長編劇場シリーズ第39弾となる作品。前作『映画ドラえもん のび太の宝島』はシリーズ最高の動員数を記録しており、本作も記録がどこまで伸びるのか期待が高まるところだ。

[PR]

 鬼才ティム・バートン監督が、ディズニーの名作アニメーションを実写化した『ダンボ』が2位スタートとなった。本作ではコリン・ファレルエヴァ・グリーンマイケル・キートンと豪華キャストが共演を果たしている。3位には、公開6週目を迎えた『翔んで埼玉』。劇中とことん埼玉をディスるさまや、高校生役のGACKTの違和感のなさ、二階堂ふみの美しい男装も話題だ。

 ほか新作では『映画 少年たち』が8位にランクインした。本作は、ジャニーズ事務所の代表・ジャニー喜多川が企画・構成・総合演出を手がける舞台「少年たち」を初演から半世紀を経て初の映画化したもの。東西のジャニーズJr.たちが多数出演していることでも注目を浴びている。

 また、公開21週目を迎えた『ボヘミアン・ラプソディ』が、前週の週末動員対比の111.2%を記録し、21週目にして驚異の伸びを見せている。興行収入は、127億3,928万5,680円に達しており、『スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス』(127億円・1999)を超えて、国内の歴代興行収入17位となった。(数字はすべて配給調べ)

 今週は『4月の君、スピカ。』『麻雀放浪記2020』『バイス』『マックイーン:モードの反逆児』などが公開される。(編集部・梅山富美子)

[PR]

【2019年3月30日~3月31日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『映画ドラえもん のび太の月面探査記』:5週目
2(初)『ダンボ』:1週目
3(2)『翔んで埼玉』:6週目
4(3)『キャプテン・マーベル』:3週目
5(4)『バンブルビー』:2週目
6(5)『映画 プリキュアミラクルユニバース』:3週目
7(6)『君は月夜に光り輝く』:3週目
8(初)『映画 少年たち』:1週目
9(7)『グリーンブック』:5週目
10(9)『えいがのおそ松さん』:3週目

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]