呪いの人形ホラー第3弾『アナベル 死霊博物館』9月日本公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『アナベル 死霊博物館』より - (c) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 映画『死霊館』のスピンオフとなるホラーシリーズ第3弾『Annabelle Comes Home』の邦題が『アナベル 死霊博物館』に決まり、9月20日より日本公開されることが明らかになった。

映画『アナベル 死霊博物館』US版予告編

 現在もコネチカット州にある博物館に保管され、月に2回、神父による祈祷が行われている呪われた人形・アナベルを題材にした同シリーズ。アナベルの起源を描いた『アナベル 死霊館の人形』『アナベル 死霊人形の誕生』に続く本作では、『死霊館』シリーズの心霊研究家ウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソンヴェラ・ファーミガ)が“彼女”を引き取った後の恐怖を描く。

[PR]

 ウォーレン夫妻は自宅地下に呪われた品々を厳重に保管していたものの、二人の留守中、娘ジュディの世話をするためにやってきたお姉さんがアナベル人形の封印を破ってしまい……。解き放たれたアナベルの力によって、ありとあらゆる展示物に死霊が憑りつき、少女たちに最恐の呪いが襲い掛かることになる。

 プロデューサーのジェームズ・ワンは本作について「アナベル版『ナイト ミュージアム』になるのさ!」と語っており、禍々しい力によって次々と動き出すであろう展示物に期待は高まるばかり。主人公はウォーレン夫妻の娘ジュディで、『gifted/ギフテッド』『キャプテン・マーベル』などの注目子役マッケナ・グレイスが演じている。『アナベル』シリーズの脚本家ゲイリー・ドーベルマンの監督デビュー作だ。(編集部・市川遥)

映画『アナベル 死霊博物館』は9月20日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]