TAKAHIRO、映画単独初主演で新境地に自信「大船に乗った気分で」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
TAKAHIRO

 EXILEのボーカルで俳優としても活躍するTAKAHIROが3日、都内で行われた主演映画『僕に、会いたかった』の完成披露上映会に出席し、本作で演じたこれまでとは異なる寡黙な役どころに自信を見せた。

TAKAHIRO&板垣瑞生が仲良しトーク!完成披露上映会の様子【写真】

 TAKAHIROが映画単独初主演を果たした本作は、ある事故をきっかけに記憶を失った漁師・徹を主人公に、家族の絆と再生を描く人間ドラマ。完成披露のこの日は、TAKAHIROとともに共演者の山口まゆ柴田杏花板垣瑞生秋山真太郎小市慢太郎、監督の錦織良成も姿を見せた。

[PR]

 これまでの華やかなイメージからは一転、無精ひげ姿で寡黙な漁師にふんしたTAKAHIRO。「今回は寡黙な役ですね」という司会者の言葉に、色めき立った観客にTAKAHIROも「ざわざわするのが早い」と思わず苦笑い。続けて「僕が寡黙な役をやるというのは予想がつかないと思います。(映画)単独初主演でもあったけれど、かなり大船に乗った気分で安心して観ていただければ」と自信を見せた。

 そんなTAKAHIROは共演した板垣と兄弟のように打ち解けているということで、壇上での2人の仲の良いやり取りに会場は大盛り上がり。TAKAHIROは板垣について「普通、人は初対面のときは緊張するじゃないですか。それなのに瑞生は(椅子に深々座ったポーズをして)こんな感じ!」「役では純粋に見えますけど、島では女の子の話ばかり」といじりまくり。板垣も「やめてくださいよ!」と笑顔で応戦していた。

 また、錦織監督は俳優としてのTAKAHIROについて「ファンの方はもう知っていると思いますが、TAKAHIROさんは男らしい方なんですよ。感極まって泣く芝居でも、とても感情豊か。もちろんパフォーマーとしてもトップアーティストですが、俳優としても大きくなると思う。またやってほしい」と大絶賛。

 監督の言葉にTAKAHIROは「褒めすぎですよ」と照れた様子。しかし、実は舞台あいさつの前に裏で監督から「褒めたい気持ちはあるけど、やりすぎるのはね」と言われていたそうで、TAKAHIROは「そのときに『十分すぎるくらいに褒めてください』と言ったので、こうして褒めてくれました」と素直に明かして、会場を盛り上げた。(取材・文:壬生智裕)

映画『僕に、会いたかった』は5月10日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]