ベッキーがイカサマを手ほどき…『麻雀放浪記2020』麻雀シーン公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
八代ゆき(ベッキー)と坊や哲(斎藤工) - (C) 2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

 白石和彌監督、斎藤工主演の映画『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)より、女流雀士役のベッキーの姿を捉えた本編麻雀シーンが公開された。

ベッキーが最強の女流雀士に『麻雀放浪記2020』麻雀シーン【動画】

 阿佐田哲也の人気小説を、舞台を終戦直後から2020年へと移すなど大胆なアレンジを加えて映画化した『麻雀放浪記2020』。1945年からやってきた坊や哲(斎藤)が、高齢化と少子化による人口減少、共謀罪による言論統制などさまざまな問題を抱える時代に、麻雀で戦いを挑む姿が描かれる。今回公開された本編映像は、ベッキー演じる麻雀クラブのママ・八代ゆきが坊や哲に流ちょうな手さばきで麻雀を教え込む、緊迫感あふれる麻雀シーンを切り取ったもの。

[PR]

 最強の女流雀士である八代ゆきは、1984年に公開された『麻雀放浪記』(和田誠監督)で加賀まりこが好演したことで知られる人気の高い役どころ。麻雀経験もなく本作で初めて牌に触れたというベッキーだが、およそ1か月半にわたる稽古を重ね、妖艶なママを体現。麻雀の積み込みのイカサマ「元禄積み」を白石監督の希望によりワンカット撮影で挑んでいる。さらに「イカサマは勝つための技。技を使ってでも、勝たなきゃいけない時が人にはある」という印象的なセリフも披露するなど、本編への期待が高まる仕上がりに。

 作品についてベッキーは以下のようにコメント。「監督からワンカットで元禄積みを撮りたいと伝えられ、“練習すれば何とかなるかなぁ”くらいに思ってしまったんですが、想像以上に大変でした。1人かくし芸大会でした(笑)。1か月間特訓をして、オリジナル作品の『麻雀放浪記』へのリスペクトの気持ちも込めながら撮影させていただきました。完璧ではないかもしれませんが、そのドキドキ感やライブ感も含め楽しんでいただけたら嬉しいです」

 斎藤とベッキーのほか、共演にはチャラン・ポ・ランタンもも的場浩司岡崎体育ピエール瀧竹中直人ら。瀧の出演シーンもノーカットで劇場公開される予定となっている。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]