小松菜奈&門脇麦、プライベートに演奏の猛特訓「ギター担いでカラオケ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
門脇麦&小松菜奈

 女優の小松菜奈門脇麦が24日、TOHOシネマズ新宿で行われた映画『さよならくちびる』の完成披露試写会に出席し、劇中で披露している歌とギター演奏の猛特訓をプライベートで行った裏話を明かした。この日は共演者の成田凌、主題歌をプロデュースした秦基博、監督の塩田明彦も来場した。

小松菜奈×門脇麦×成田凌、めっちゃ笑顔で盛り上がる!【写真】

 本作はインディーズで人気のギターデュオ「ハルレオ」のレオ(小松)とハル(門脇)、その付き人のシマ(成田)の関係を描く青春音楽ロードムービー。この日のチケットは2分で完売したというほどの人気ぶりで、会場は大勢のファンで盛り上がりを見せた。

[PR]

 主演の小松と門脇は劇中で、秦プロデュースの主題歌とあいみょんが作詞・作曲を担当した挿入歌を披露している。とくに小松は初めての歌唱演技だったそうで「たぶんスタッフさんは、私の歌とギターが一番不安だったと思うんです。3曲もあるので不安があって。(練習は)孤独な時間もあったし、イライラしたこともありました」と振り返る。

 ただ、共演した門脇と成田の存在が大きかったという小松は「(成田と門脇と)3人で音を合わせるのは楽しかったですし、お互いに『これは難しいね』とか素直に言えたし。共有できたので、そこからだんだんと楽しくなっていきました」と笑顔で語った。

 一方の門脇も「だいたい1か月ほど前からギターのコードを覚えたんですが、孤独な戦いでした。ゴールも見えないし、なかなか簡単には上達しないし……」と感じていたそう。「でも、プライベートで菜奈ちゃんと一緒にギターを担いで渋谷のカラオケに行って練習しました。そこらへんから菜奈ちゃんも戦っているんだなと思ったし、2人で練習すると、下手だけど音楽って楽しいものだなと思いました」と続けた。

 撮影中も2人は仲良しだった様子で、門脇は「(撮影中は)髪がマッシュだったんですけど、最初に(小松が)私を『シメジ』と言ってきたんです。けど『人のことを言えないから』と思って、私は『エノキ』と返していたんです。撮影していない半分がキノコネタを言っていましたね」と笑ってみせた。

 そんな2人の姿に塩田監督は「完璧です。クランクインの3日前ですかね。初めて2人が本番と同じ衣装を着てギターを持って、関係者みんなの前で歌うという“儀式”があったんですけど、感動的だった。目の前に『ハルレオ』がいるとスタッフでも泣いている人がいた」と絶賛の言葉を送った。(取材・文:壬生智裕)

映画『さよならくちびる』は5月31日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]