飯豊まりえ、初単独主演映画はホラー!『シライサン』で小説家・乙一とタッグ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
飯豊まりえ - (C) 2020松竹株式会社

 「暗いところで待ち合わせ」「くちびるに歌を」などの小説家・乙一として知られる安達寛高が、ホラー映画『シライサン』で長編監督デビューを果たすことが決定した。主演を務めるのはモデルで女優の飯豊まりえ。公開は2020年1月を予定している。

飯豊まりえ、和服姿が可愛すぎ!【写真】

 本作は、親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊)が主人公。端紀は、親友の死の謎を追い、弟を失った春男と雑誌記者の間宮と共に「視線を逸らすと殺される」という“シライサン”の呪いの核心に近づいていく。

[PR]

 映画単独初主演を務める飯豊は、「いただいた出会いと役を大切に、いまから心の準備をして真剣に、向き合って臨みたいと思っています! 映画館でお会いできるの楽しみにしております」と意気込んでいる。

 一方、監督の安達(乙一)は「今回、劇場用長編映画を撮ることになり、不安と期待が入りまじっています。長編映画を撮ることが夢でした。映画『シライサン』は、いわゆる『リング』や『呪怨』の系譜につらなるJホラーです」とコメントを寄せている。(編集部・梅山富美子)

あらすじ

眼球が破裂した死体が連続して発見された。直接の死因は心臓麻痺だった。そして、死の直前“何か”に怯え取り憑(つ)かれたようだったという、奇妙な共通点があった。親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊)と、弟を失った春男。2人は共に事件を調べ始める。鍵を握る詠子を探し出すが、ほどなく彼女は「シライサン……」という謎の言葉を残し、眼球を破裂させ心臓麻痺で死亡した。事件に目を付けた雑誌記者の間宮も加わり、徐々に明かされてゆく“シライサン”の呪い……。核心に近づく3人の前に、理解を超えた戦慄の事実が待ち受けていた……。

コメント全文

■飯豊まりえ(瑞紀役)
自分の中で初めての挑戦で、いまは緊張しています。台本を読むだけでも、シライさんがどこかに居そうで怖かったです。そして、この作品に携われたことで、ホラーへの印象が変わるかもしれません。いただいた出会いと役を大切に、いまから心の準備をして真剣に、向き合って臨みたいと思っています! 映画館でお会いできるの楽しみにしております。

■監督・脚本:安達寛高(乙一)
初めて映画を撮ったのは24歳のときでした。今回、劇場用長編映画を撮ることになり、不安と期待が入りまじっています。長編映画を撮ることが夢でした。映画『シライサン』は、いわゆる『リング』や『呪怨』の系譜につらなるJホラーです。呪いにより次々と人が亡くなっていきます。僕が「怖い」と感じるものを作品に盛り込みました。観た人が、一生、トラウマとなって引きずっていくような映画にしたいです。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]