「べしゃり暮らし」間宮祥太朗&渡辺大知で連続ドラマ化!演出は劇団ひとり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「べしゃり暮らし」の辻本潤と上妻圭右(左) ドラマ版の渡辺大知と間宮祥太朗(右)

 「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」などで知られる漫画家・森田まさのりが、お笑いをテーマに描いたヒット作「べしゃり暮らし」が連続ドラマ化され、7月にテレビ朝日系で放送されることが明らかになった。運命的な出会いを果たす漫才コンビを演じるのは、若手俳優の間宮祥太朗渡辺大知。芸人の劇団ひとりが連続ドラマ初演出に挑む。

 「べしゃり暮らし」は、学園の爆笑王を自称する高校生・上妻圭右(あがつま けいすけ)が、元プロ芸人の転校生・辻本潤(つじもとじゅん)と出会ったことから、お笑いの世界へと足を踏み入れていく姿を追った青春ストーリー。2005年から2006年まで「週刊少年ジャンプ」、2007年から「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、若手からベテランまで、芸人たちのリアルな生き様を笑いと涙を交えて描き出した。

 上妻と辻本の漫才は、アドリブの“べしゃり”が持ち味。映像化にあたり「とにかく笑っていただきたいです! 尚且つ、“カッコいい”に行きつけば最高です」と語る圭右役の間宮は「もちろん元になるネタはあるのですが、それをベースにポンポンとやり取りしていきます。なので、その場の空気感を大切にするために、あえてあまり練習をしない方がいいという劇団ひとりさんからの提案どおりに、何が起こるかわからない、一発本番の緊張感ある空気で撮影する予定です」と意気込む。

[PR]

 辻本役の渡辺も「すごくアドリブ力が試されますね。練習はほとんどしていないので、笑えるものになっているのか不安ですが……ちゃんと漫才として笑っていただければ嬉しいです」と緊張気味。ロックバンド・黒猫チェルシーのボーカルとしても活躍するだけに「高校の頃からバンドをやっていて、どうやったら音楽で食べていけるのかを真剣に考えていたので、そういうやりたいことに向かって突き進んできたところが、内容や役柄ともリンクしているように感じます」と役への共感を語っている。

 原作者の森田は、昨年、漫才コンビを組んで、M-1グランプリに出場したことで話題を呼んだばかり。「絶対漫画にできないと言われて、一度は連載を断念せざるを得なかった、このお笑いというジャンルですが、あんなにドラマチックな芸人さんたちが漫画にできないわけがないと信じていました」という原作を「僕の最高傑作」と自負しており、「生命を吹き込まれた圭右や辻本たちがどんな声で、どんなしゃべり方で笑わせに、また泣かせに来てくれるのか、楽しみで仕方ありません」と期待のコメント。さらに「この作品を描くために、僕は多分漫画家になりました」と本作に賭ける熱い思いを告白している。

[PR]
連続ドラマ初演出に挑む劇団ひとり

 脚本は「相棒」シリーズの徳永富彦、音楽はドラマ「ROOKIES ルーキーズ」も手掛けた高見優。演出として実写化に挑むひとりは「早速、時間と予算の重圧に押し潰されそうな日々を送っておりますが、いい物を届けられるよう現場の皆さんと奮闘しております」と語っている。(編集部・入倉功一)

土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」は7月放送開始 毎週土曜よる11:15~0:05放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]