岡田准一の「白い巨塔」名シーン再現に800人沸く

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「財前教授の総回診」を再現する岡田准一

 俳優の岡田准一が8日、都内で行われたドラマ「白い巨塔」(テレビ朝日開局60周年記念・5夜連続ドラマスペシャル、5月22~26日、夜9時~)制作発表記者会見に登場し、同作の名シーンの再現で会場を沸かせた。

【写真】「白い巨塔」キャストズラリ!

 本作は、1965年、69年に刊行され、シリーズ累計600万部を突破する山崎豊子の長編小説に基づく医療ドラマ。権力争いが渦巻く名門大学病院を舞台に、「教授」の椅子をめぐって野心を燃やす財前五郎(ざいぜん・ごろう)を主人公にした物語。過去には、田宮二郎村上弘明唐沢寿明らが主演を務めたが、今回は時代を2019年に設定し、目覚ましい進歩と変化を遂げた現代の医学界も描く。

[PR]

 財前役の岡田は、約800人の観客が歓喜に沸く中、劇中同様の「財前教授の総回診」と称して、20名の医局員(エキストラ)を従えてレッドカーペット上を颯爽と歩いて登壇。「名作をリメイクするということで、巨大な巨塔にチャレンジする気持ちで、キャスト・スタッフと盛り上がって撮影してまいりました」と振り返り、「令和の時代にふさわしい1発目の巨大スペシャルドラマなっていると信じております」と自信を見せた。

 また、「魅力的な役で楽しく演じさせていただきました」と話すと、総回診のシーンについては、「有名なシーンなので現場が盛り上がりました。(鶴橋康夫)監督がエネルギッシュな財前にしたいということで、(歩く)スピードを上げました」と説明。さらに、「八嶋(智人/佃友弘医局長役)さんは浮いてましたね。『速すぎて歩けない』って」と笑うと、医局員・柳原雅博役の満島真之介も同調しながら、「しかも、財前先生を抜こうとするんですよ」と暴露。岡田も「俺が! 俺が! で前に出たがるんで、八嶋さんを止めるのが大変でした」とバラし、会場の笑いを誘った。

 この日は、松山ケンイチ沢尻エリカ飯豊まりえ山崎育三郎柳葉敏郎岸本加世子市毛良枝岸部一徳小林薫寺尾聰らそうそうたる顔ぶれが集結。監督の鶴橋康夫も来場し、撮影エピソードなどを披露し、イベントを盛り上げた。(取材::錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]