ディズニーシー新テーマポートは「ファンタジースプリングス」に決定!2022年に開業予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
新テーマポート入り口(昼)

 2022年に開業予定で進む東京ディズニーシーの新テーマポートの名称が「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」に決定した。21日、同施設予定地で行われた東京ディズニーシー大規模拡張起工式/新テーマポート名称発表セレモニーにて発表された。

美しい!新テーマポートのイメージ【画像】

 東京ディズニーシー開業以来最大の敷地面積となる約140,000平方メートル(うちテーマパーク・ホテルエリア100,000平方メートル)を拡張し、総投資額2,500億円をかけて起工される同施設はディズニーホテルを有する8番目のテーマポートとなる。テーマは“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”で、足を踏み入れるゲストが魔法の水が流れる滝や池に遭遇し、ディズニーの物語の世界へといざなわれるという内容になっている。

[PR]

新テーマポート入り口(夜)

 ポートの先には『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』を題材とした3つのエリアが広がり、『アナと雪の女王』をテーマとするエリアでは、映画の終盤、雪の女王であるエルサが氷の魔法を受け入れた後の世界が広がり、門の開かれたアレンデール王国を訪れることができる。このエリアにはアナとエルサの2人の姉妹の心温まるストーリーをめぐるアトラクションと、美しい雪山のふもとにあるアレンデール城の中にレストランが導入される。

 『塔の上のラプンツェル』をテーマとするエリアにはラプンツェルの塔が森の奥深くにそびえ、ラプンツェルと一緒に映画の中で描かれたランタンフェスティバルを訪れるというアトラクションや、映画に登場する愉快な荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしたレストランでの食事を楽しむことができる。

セレモニーの様子

 『ピーター・パン』をテーマとするエリアはピーター・パン、ティンカー・ベル、ロスト・ボーイズが住むネバーランドで、ゲストが彼らと一緒に新たな冒険に出発するという内容。ネバーランドのジャングルを飛び立って海賊たちと戦う大型アトラクションと、ティンカーベルと妖精たちが住むピクシー・ホロウを訪れる可愛らしいアトラクション、ネバーランドの素晴らしい景色を眺めながら食事ができるレストランが導入される。

[PR]

 また、最上級の客室を含む475室の客室を有するディズニーホテルでは壮大で美しい新テーマポートの全景を、パークに面する客室の窓から臨むことができる。

 名称発表会にはロバート・アイガー氏(ウォルト・ディズニー・カンパニー チェアマン&CEO)、フィリップ・ガス氏(ウォルト・ディズニー・アトラクションズの代表取締役 プレジデント マネージング・ディレクター)、加賀見俊夫氏(オリエンタルランド代表取締役会長 CEO)、上西京一郎氏(オリエンタルランド代表取締役社長 COO)らも出席。フォトセッション時にはミッキーマウスとミニーマウスもお祝いに駆け付け、仲良くダンスを披露した。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]