好きな星野源のシングル曲ランキング!断トツ1位はあのドラマ主題歌

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
星野源(2017年撮影)

 “星野源の好きなシングル曲ランキング”がランキングサイトのランキングー!で発表され、2016年リリースの「恋」が1位に選ばれた。

星野源の侍姿!『引っ越し大名!』予告編

 1位に輝いた「恋」(2,799票)は星野が出演した大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌で、“恋ダンス”が空前のブームとなった一曲。「恋ダンスが楽しい!」「カラオケで盛り上がるから」と圧倒的な人気を集めた。

[PR]

 2位は、2018年にリリースされた「ドラえもん」(1,320票)。同曲は『映画ドラえもん のび太の宝島』の主題歌としても愛され、「子供が大好きだから」「ドラえもんの歌をこんな風に作るとは思わなかったので、意外性があってよかった」といった声が寄せられた。

 3位には、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌として話題を呼んだ2018年の「アイデア」(867票)がランクイン。4位は2015年の「SUN」(631票)、5位はドラマ「過保護のカホコ」の主題歌となった2017年の「Family Song」(546票)と続き、映画やドラマの主題歌楽曲が強い人気をみせた。

 ミュージシャンとしてだけでなく、俳優としても大活躍の星野。今後の待機作には、主演時代劇『引っ越し大名!』(8月30日公開)、小栗旬との共演作『罪の声』(2020年公開予定)などがある。

 同ランキングは、10~60代の男女を対象に1月29日に行われたインターネットリサーチ結果を集計したもの。有効回答者数は9,690名。(湯田史代)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]