沢尻エリカ、蜷川監督の再オファーに戦々恐々「どんな重い役が来るのか…」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
沢尻が思わずネタバレするハプニングも!『人間失格 太宰治と3人の女たち』ジャパンプレミアより

 女優の沢尻エリカが25日、都内で行われた蜷川実花監督の新作映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日公開)ジャパンプレミアに登壇。蜷川監督のヒット作『ヘルタースケルター』(2012)で、全身整形の秘密を抱えるトップモデルを体当たりで演じた沢尻は、新作でのオファーに戦々恐々としていたことを打ち明けた。この日は、主演の小栗旬のほか、二階堂ふみ成田凌、蜷川監督も来場した。

【動画】小栗旬とのラブシーンも!『人間失格 太宰治と3人の女たち』予告編

 太宰治の代表作「人間失格」誕生秘話を、事実に基づくフィクションとして映画化する本作で、太宰(小栗)の愛人・太田静子を演じる沢尻。イベントでは白のミニドレスをまとって登壇し、「こんなに楽しい現場は今までなかったんじゃないかなと思うくらい、すごく素敵な役にめぐり合えてうれしいし、みなさんにも気に入ってもらえたらうれしいと思ってまーす!」と陽気にあいさつ。

[PR]

 静子は上流階級の娘ながら世間体を気にせず、太宰との恋に身をささげる可憐で無邪気な女性。沢尻は「自分の感情や欲望に貪欲な女性を演じて楽しかったです」と笑うと、「最初は、実花さん映画撮るんだ。またどんな重い役が来るのか……と思っていたけど、全然そんな要素がなく、終始楽しい! で終われた」と撮影を振り返った。

 蜷川監督から「まぁまぁ(ハード)な役なんですよ。体当たりだし」と言われても、「恋をしてハッピーでルンルンという感情なので、苦しい部分もあるかもしれないけど、恋している(部分)が勝っていたので楽しかったです」と喜びをかみしめていた。

 イベント中、映画の設定にちなんで「死ぬほどの恋をするなら、どのキャラクターと?」という質問もあり、小栗が「本当に申し訳ないけど、富栄さん(二階堂ふみ演じる太宰の愛人)はちょっときついんだよなぁ」と話した際に、沢尻が思わずネタバレにつながるコメントを漏らして慌てて口をおさえる一幕も。小栗はそんな沢尻を、「ネタバレでもないでしょ。みんな知ってる(実話に基づいた)話だから」とスマートにフォローしていた。(取材:錦怜那)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]