池松壮亮&蒼井優、共演者ピエール瀧へ熱いエール!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
自身の思いを語った池松壮亮と蒼井優

 俳優の池松壮亮蒼井優が22日、新宿バルト9で行われた映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつに出席し、共演者であるピエール瀧への思いを語った。舞台あいさつには池松、蒼井のほか、井浦新一ノ瀬ワタル真利子哲也監督、原作者の新井英樹が出席した。

【写真】熱く語る池松壮亮&蒼井優!完成披露舞台あいさつの様子

 本作は、新井英樹の伝説的コミックを『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子監督が実写映画化。文具メーカーに勤務する愚直なサラリーマン宮本浩(池松)と、恋人である中野靖子(蒼井)が繰り広げる壮絶な愛を活写する。

[PR]

 池松は「いろいろな人の情念が取りついてしまっているんじゃないかと思うぐらい逆境に次ぐ逆境で、笑えるぐらい時間がかかった」と完成するまでの生みの苦しみを述べる。そんななかでも、主人公・宮本に大きな影響を与える営業先の部長・真淵敬三を演じたピエールが起こした事件に対しては思うことがあったようで、「この瞬間まで、なにか言うべきか、言わざるべきか……」と悩んでいたことを明かすと「一つだけ言えるのは、共演者としてピエールさんを一番近くで見てきたなかで、あくまで共演者という立場ですが、あの人の目は本気でしたし、この作品にとんでもなく大きな力を注いでくれたと思っています」と断言。

 さらに池松は「あの現場での日々は事実に変わりがありません。一方で、ピエールさんが間違ったことをしたという事実も変わりがない」と前置きしつつ、「わたしたちが人を罰する力を持つのであれば、もしかしたらそれと同じぐらい、ひょっとしたらそれ以上、人を許す力が必要なのかもしれません。なんとか立ち上がって、また映画の現場で会えることを、いまはただ願っています」とエールを送った。

 そんな池松の発言に、蒼井も「ピエールさんになにか一言言えることがあるとしたら、わたしたちはこれからも映画を作り続けるので、偉そうなことは言えませんが、またお互いの人生が交差するときがきたら、人と人が出会うことはダメなことじゃないと思います」と言葉を添えた。

[PR]

 池松と蒼井をはじめとした出演者たちの熱量がビシビシと伝わってくる本作。池松は原作で宮本の前歯が抜けている描写があるため、本気で歯を抜こうとしたというエピソードが司会者から伝えられると「伝説の漫画の実写化。なにかをささげなければいけないというモードになっていた」と苦笑い。蒼井も「生半可な気持ちでは立ち向かえない作品。ボロボロになりながら、みんなで挑んだ映画です。平成の終わりに撮影した熱い思いが、観た方にほんの少しでも伝わってくれれば」とメッセージを送っていた。(磯部正和)

映画『宮本から君へ』は9月27日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]