前田敦子、AKB時代の多忙ぶりを回顧「おかげで今がある」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
10年前を振り返った前田敦子

 女優の前田敦子が20日、都内で行われた主演映画『葬式の名人』の公開初日舞台あいさつに登壇、AKB48時代の多忙ぶりを振り返りつつ「その時頑張ったおかげで今がある」と語った。

笑顔こぼれる前田敦子&高良健吾【写真】

 大阪府の茨木市政施行70周年記念事業として制作された本作。同市で生まれ育った川端康成の作品群をモチーフに、奇想天外な高校の同級生のお通夜を体験する人々をユーモアたっぷりに描く。この日のイベントには共演者の高良健吾白洲迅尾上寛之中西美帆奥野瑛太佐藤都輝子樋井明日香、本作のメガホンをとった樋口尚文監督も出席した。

[PR]

 高校時代のクラスメートがお通夜を機に10年ぶりに再会するという作品の内容にちなみ、出演者それぞれが10年前の自分を振り返って思い出話を披露したが、前田は10年前の自分について話すにあたり、マネージャーに当時の自分のスケジュールを調べてもらったという。

 「ちょうど10年前の今日は、レコーディングしてビッグサイトでサイン会をして、その後はグラビアの撮影をしていました」と紹介した前田は、「次の日から3日かけて、地方6か所を回って仕事をして、その後ニューヨークに行っていたんです」と多忙な日々を照れくさそうに回顧。「さらにその2週間後にハワイにも行っていて、そのスケジュール羨ましいなって」と当時の自分に羨望の眼差しを向けつつ、「でも、どこへ行っても当時は忙しくて何も覚えていなかった。頑張っていたんだなって。その時頑張ったおかげで今がある」とAKB48時代の自分を振り返った。

 高良は10年前、尾上と共演中だったといい、「僕たち1か月くらい撮影のために合宿していて、みんなで(将来の)夢の話をしていたりしたんです。でも、当時の仲間はみんな辞めていったりして……。自分は残ってまだやれている。大丈夫だったんだなって」と感慨深げな様子を見せた。

[PR]

 10年前は16歳だった白洲は、「(当時は)まだ高校生。小中と部活は野球だったんです。でも、高校からモテたくてダンス部に入った」と野球をやめた理由を説明。「ダンス部に入って髪もワックスつけたりしたんですけど、まあモテなかったなぁ。『野球やっていた時のほうがモテてたよ、お前』って当時の自分に言ってあげたい。野球やっていたほうがもっとモテたと思う」とため息交じりに話して、会場の笑いを誘っていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『葬式の名人』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]