「日本沈没」Netflixでアニメシリーズ化 2020年東京オリンピック後の日本が舞台

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」ティザービジュアル - (C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

 これまで度々映像化されてきた小松左京のベストセラー小説を、映画『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などの湯浅政明監督がアニメシリーズ化する「日本沈没2020」がNetflixで2020年より配信されることが決定した。2020年、東京オリンピックを終えたばかりの日本を襲った大地震の顛末を、ある平凡な一家の姿を通して描く。

【写真】草なぎ剛&柴咲コウ主演の2006年の実写映画版

 原作「日本沈没」は1973年に発表され、累計470万部のベストセラーに。同年、藤岡弘、主演で実写映画化され、配給収入28.2億円を記録。翌年には村野武憲主演の連続ドラマが放送。2006年には草なぎ剛柴咲コウの共演により再映画化され、興行収入53.4億円のヒットを記録した。

[PR]

 原作では深海潜水艇の操艇者や地球物理学の博士などの視点を中心に描かれたが、新作アニメでは都内に住むごく普通の家族を中心にした全10話のエピソードが展開。大地震発生後、日本列島が刻一刻と沈みゆくなか、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は家族4人で東京からの脱出を試みるが、極限状況に陥っていく。ティザービジュアルでは、崩壊した都市の中で前進しようとする歩と剛の姿が描かれている。

 脚本は、「ドラゴンボール超(スーパー)」(2015~2018・フジテレビ)などの吉高寿男。音楽を、テレビアニメ「ピンポン THE ANIMATION」(2014・フジテレビ)、「DEVILMAN crybaby」(2018・Netflix)に続いて3度目の湯浅監督とのタッグとなる牛尾憲輔が担当し、制作を湯浅監督率いるアニメ制作会社「サイエンスSARU」が手掛ける。湯浅監督、原作管理を行う小松実盛(小松左京次男)のコメントは以下の通り。(編集部・石井百合子)

<湯浅政明監督>
国ってなんだ?日本人ってなんだ?生まれた場所とそこの環境で何が決まるの?決まらないの? 子供の頃に疑問に思った自分へ答えるべく、このビッグタイトルへ挑みます! オリンピックイヤーに起きた、国家の存亡にかかわる天変地異の中を避難する一つの家族と、たまたまそこへ居合わせた人たち、出会う人々にフォーカスし、大災害の顛末を描きます!ご期待ください。 

[PR]

<小松実盛(小松左京次男)>
アニメ『日本沈没2020』は、これまでの『日本沈没』から派生した劇場版映画、テレビドラマ、コミックとは全く異なる点があります。地殻変動の詳細や政府の対応、海外からの支援も何もかもがわからない目隠し状態に投げ出されてしまった、令和の時代に生きる等身大の日本人一家に焦点が当てられているのです。小松左京が『日本沈没』に込めたーー“恐るべき危機を乗り越え生き残った日本人だからこそ、人類社会が直面する様々な危機への解決に貢献でき、世界で見直され、未来に特別な役割を果たせる”という想い。『日本沈没2020』を、世界中の人々に、日本が誇るアニメーションの手法を駆使した作品として楽しんでもらうと同時に、物語に込められた“災害への警鐘”と“危機を越え未来を切り拓く”というメッセージを受け取っていただければ幸いです。

Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」は2020年、Netflixにて全世界独占配信

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]