綾野剛、機転の利いたコメントで会場沸かす

上映後の観客を気遣って笑いを誘った綾野剛

 俳優の綾野剛が18日、都内で行われた映画『楽園』の初日舞台あいさつに村上虹郎と登壇、後輩の“先輩いじり”に機転の利いたコメントで返し、会場を沸かせていた。イベントには、杉咲花佐藤浩市ユップ・べヴィン(劇伴作曲者)、瀬々敬久監督も来場した。

綾野剛、金髪&赤スーツのド派手姿【写真】

 本作は「悪人」「怒り」など映像化作品も多いベストセラー作家・吉田修一の「犯罪小説集」を原作に、ある村で起こった2つの事件や養蜂家にまつわる事件を通して、人々の喪失と再生の物語が描かれる。

[PR]

 初日を迎え、綾野は「この作品は、何かを届けたいという我々の主観よりも、みなさんに託すことで、みなさんの中に何が生まれるかが重要だと思っていたので、大仕事の最後の受け渡しができてとてもよかったと思います」と安どの表情。

 杉咲は、「撮影をしていたときは本当に苦しかったので、その日々が走馬灯のようによみがえってきました。自分にとってトラウマのような時間があったりして……」と過酷な体験を振り返りながら、「わたしはこの映画を観て救われたので、一人でも多くの方に観てもらいたいです」とアピールした。

 野田洋次郎が手がけ、上白石萌音が歌う主題歌「一縷」について話が及ぶと、綾野は「すべてをすくい取ってくれるような、何とか立ち上がるきっかけをもらえた気がして、とても感謝しています。彼女の声は、真実なんて何の役にも立たないような時代になってきたのかなと思った瞬間に、ちゃんと真実を照らしてくれる声があると思いました」としみじみ語った。

 また、この日金髪と赤のスーツというド派手な格好で登場した綾野に、白系の衣装をまとった村上が、「いつもお三方(綾野、杉咲、佐藤)が黒い服を着て宣伝をしているイメージなので、僕は“明るい担当”と思って来たら、なんか……。今日ライブですか?」と“先輩いじり”をする場面も。

[PR]

 そんな村上に綾野は「虹郎!」と距離を詰めつつ、「俺も思ったのよ。いろいろ思うことあったよ。大人だし」と、メイプル超合金カズレーザーのような出で立ちに苦笑い。しかし、「映画を観た方が僕たちのことを心配する部分もあると思ったの。だから、(役とは)全く別人で違う人を生きていると思ってもらえたらいいかなって」と機転を利かせてもっともらしい意見を言うも、最後は「今思ったこじつけ」とおどけ、会場を沸かせていた。

 心に迫る作品のため、上映後の観客を気遣い、笑いも誘う綾野だが、締めのあいさつでは「みなさんの中で、希望に向かって生きる沸点を懸命に探している人がいたら抱きしめてください。僕もそのように努めていきたい」と真摯(しんし)に呼び掛けていた。(取材:錦怜那)

映画『楽園』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]