ルパンが街に飛び出す!映画と最新技術がコラボ「日比谷シネマフェスティバル」開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
山崎貴監督とLiLiCo

 17日、東京ミッドタウン日比谷で「日比谷シネマフェスティバル」のプレス向けイベントが行われ、「ルパン三世」を3DCGで描く劇場版アニメ『ルパン三世 THE FIRST』の山崎貴監督が、映画コメンテーターのLiLiCoと登壇し、同作についてフェスティバルの魅力と共に語った。

【画像】『ルパン三世 THE FIRST』

 10月18日から11月4日まで開催される「日比谷シネマフェスティバル」は、最新技術と映画を連動させることで、観るだけではなく参加することにこだわった催し。日比谷ステップ広場に設置された大型ビジョンにスマートフォンなど対応デバイスをかざすと、最新AR技術でルパンたちが街へ飛び出す「ルパン三世 THE FIRST インタラクティブシアター」 (開催期間中11時~18時)などが実施され、この日は、山崎監督とLiLiCoも、ルパンたち人気キャラクターがスクリーンから飛び出す姿を体験。子供のころに戻ったように歓声を上げていた。

[PR]

 山崎監督は「子供の時、横浜の親戚の家ではじめて見たんですけど、いきなり(峰)不二子ちゃんのシャワーシーンが出てきてびっくりしたのを覚えています。こんなもん普通にやっているなんて都会はすごいなって」とルパン初体験を述懐。また、現在に至るまで絶大な人気を誇る「ルパン三世」を手掛けることに「プレッシャーがでかい」と吐露する。

山崎貴監督

 さらに「ルパンと言っても、(過去のアニメ作品など)いろんなルパンがいて、どれがみんなの心の中にあるルパンだろうっていう部分に悩みました。それをやるだけで、1年くらいかかりましたね」と続けた山崎監督。脚本作業も難航したといい「ルパンらしさがどういうものか、それをいかに盛り込んでいくのかを考えるのは大変でした」と苦労を振り返る一方で、「ルパンはシリーズ化しやすい作品。売上次第ですけど、ぜひ続けてやりたい」とシリーズにも意欲を見せた。

 またLiLiCoは、夫の純烈小田井涼平が「ほとんどのキャラクターの声真似ができる」ほどの「ルパン」ファンだといい、山崎監督の手掛けた新作についても「次元大介のフェロモンがすごい! 男女ともにメロメロになると思います。今年のデートムービーには一番」と太鼓判を押していた。

[PR]

 会場となる東京ミッドタウン日比谷では、地下1階の日比谷アーケードに「ルパン三世」のキャラクターとコマ撮り風の画像が撮影できるフォトブースが設けられるほか、6階のBASE Q STUDIO では、ルパン最新作の世界観などさまざまなグラフィックデザインが合成された画像を持ち帰ることができるフォトスタジオも設置。さらに施設内のレストランでは「ルパン三世」とのコラボメニューも多数用意される。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]