櫻井翔、2年連続の紅白司会に気合い「結果にこだわる」

左から順に綾瀬はるか、内村光良、櫻井翔
左から順に綾瀬はるか、内村光良、櫻井翔

 「第70回NHK紅白歌合戦」(12月31日よる7時15分~11時45分)の司会者取材会が28日に都内で行われ、総合司会を務める内村光良、紅組司会の綾瀬はるか、白組司会の櫻井翔)が出席。大舞台を前にそれぞれが意気込みを語るなか、昨年に続き白組を率いる櫻井は「結果にこだわりたい!」と力強く語った。また取材会では、内村と共にNHKアナウンサーの和久田麻由子が総合司会を務めることも発表された。

内村、綾瀬、櫻井、和久田!「紅白歌合戦」司会者が集結【画像】

 嵐として10回連続出場、個人としては昨年に続き2回目の白組司会を務める櫻井は「平成最後と令和最初という2年連続で大役を仰せつかることになり、身が引き締まる思いです。ただ、その一方で、去年ご一緒した内村さんと、以前ご一緒した綾瀬さんと明るく楽しく華やかな令和一発目の紅白になるよう盛り上げたい」と宣言。さらに、「去年、初めて1人で司会をやって歴史ある優勝旗を持ったときは、本当にうれしかった。だから今年は、楽しみながらも、結果にはこだわっていきたいですね」と気合いを入れた。

[PR]

 3年連続で総合司会を務める内村は、「このままではNHKの社員になってしまう」「本当は敵意むき出しに白組の司会がしたかった」とジョークを飛ばしながらも、「令和初で、しかも記念すべき70回ということで、とても緊張していますが、かけがえのない光景に立ち会える幸せをかみしめながら盛り上げていきたい」と決意表明。一方、4年ぶり3回目の紅組司会を務める綾瀬は、「とにかくアーティストのみなさんに気持ちよく歌を歌っていただけるよう『影武者』のように務めること。そして、わたし自身も楽しみながら、歌の素晴らしさや感動を大晦日のお茶の間に届けたい」と笑顔で語った。

 また内村は、綾瀬が司会者3人に「チームUSA」とユニット名を命名したことを暴露。和久井アナウンサーにその意味を聞かれた綾瀬は、「ただ3人のイニシャルの頭文字をつなげただけです」と説明するが、「いやいや、最初は『チームUTA(歌)』だったんですよ!」と櫻井がツッコミ。「よくよく考えたら、櫻井さんはTじゃなかった」と自分の間違いに照れる綾瀬に、会場全体はほっこりムードに。そんな和気あいあいとした司会陣を束ねる内村は、「われわれチームUSAとして、和久井さんも加えてがんばります!」とガッツポーズで締めくくった。(取材・文:坂田正樹)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]