SixTONES田中樹、高校生役は「できる限り粘りたい」

『ブラック校則』ビジュアル - (C) 2019日本テレビ/ジェイ・ストーム

 SixTONES田中樹が、出演する映画『ブラック校則』(11月1日公開)の撮影の裏側を語り、24歳で高校生を演じることについて「できる限り粘りたい」と胸の内を明かした。

制服姿の田中樹も!『ブラック校則』本予告【動画】

 Sexy Zone佐藤勝利が主演を務め、King & Prince高橋海人が共演する本作は、生徒たちを過剰に縛り付ける“ブラック校則”に異を唱える2人の高校生の青春を描く。高校生の創楽(佐藤)と中弥(高橋)は、“ブラック校則”によって不登校となり、退学に追い込まされそうになる転校生・希央(モトーラ世理奈)を救おうとするが、教師や不良グループのリーダーで生徒会副会長のミチロウ(田中)らが立ちはだかる。

[PR]

 24歳で高校二年生を演じることについて田中は聞かれると、「制服まだいけんのかな? って思いました」と笑い、「できる限りは粘りたいな、と(笑)。まだすがっていきたい。これから何年先かはわからないですが、限界がいずれくると思うので。制服はもうお仕事でしか着れないので、できるまで着ていきたいなと思いますね(笑)」と本作が最後の制服姿となることは否定した。

 また、同じジャニーズ事務所の佐藤と高橋との共演は新鮮だったようで、「僕は、ジャニーズの数限られた人としか交流がないけれど、そのなかでも交流がある2人だったのでやりやすかったです。ちょっと緊張してたんですけど(笑)。あの2人だからこそ、すっとなじむことができました」と笑顔を見せる。

 撮影中の佐藤と高橋を振り返り、「勝利は、僕に対しては後輩な感じでくるんですが、同世代ぐらいのキャストの子たちに結構フレンドリーに接していて、現場を明るくしようとしていた」と知らない一面を知ったようで、「主演ならではの責任感なのかな、現場を作り上げている」と感心した様子。「海人は、本当に良くも悪くもどこに行っても変わらない、あのまんま。愛嬌があって、だからみんなに好かれるんだろうな」と高橋の人柄を称賛していた。

[PR]

 撮影では、菅原伸太郎監督から田中の特徴ある眉の動きについて「左眉毛だけ上げてみて」とリクエストがあったそうだ。「眉を上げる動き、ナチュラルにやっちゃうんです。右側から撮られるとき『片眉だけ上げるやつやって』と言われて『ああ、わかりました』って言ったんです。でも、おれ左しかできない!」と頑張って右眉を上げたという微笑ましいエピソードも明かした。

 さらに、学生時代、校則に抗ったことはあるかと尋ねられると「意外と従っていました。反発心もなかったです」とキッパリ。「高校は割と厳しいほうでしたが、それが窮屈に感じるようなことはなかったです。学校以外のことまで制限されているわけじゃないので、学校にいる間は守っていればいい話。わりと受け入れてましたね」と大人な対応をしていたようだ。(高橋海人の「高」は「はしごだか」が正式表記)(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]