『ゾンビランド』続編の吹き替え声優は小山力也、中村悠一、本田貴子、秋山ゆずき!

ゾンビにゆかりのある4人が吹き替えキャストに!

 人気ゾンビコメディー映画の10年ぶりとなる続編『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本語吹き替え版キャストが発表された。圧倒的な強さを誇るタラハシー(ウディ・ハレルソン)役はドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズの小山力也、身を守るための“32のルール”を慎重に実践して生き残ったおたく青年コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)役は『新感染 ファイナル・エクスプレス』の中村悠一、コロンバスの恋人ウィチタ(エマ・ストーン)役は『バイオハザード』シリーズの本田貴子とゾンビにゆかりのある人気声優陣が集結。ウィチタの妹リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)役で、『カメラを止めるな!』の秋山ゆずきが声優に初挑戦している。

『ゾンビランド:ダブルタップ』吹き替え映像

 中村は「ゾンビ……想像の域を出ないモノであるにもかかわらず、これ程『本能』から恐れてしまうモノがあるだろうか。そんなゾンビをこれでもかと、恐ろしくないものに仕上げてしまいました! いや怖いんです、怖いんですが……それ以上に面白おかしくイジリ倒しちゃった本作! 是非楽しみにして頂きたいです!」と期待をあおるコメント。本田も「救いのない世界で、へこたれない魅力的なキャラクターたちに笑わせてもらいました」と人物描写がさえた笑える作品になっていると請け合った。

[PR]

 『ゾンビランド:ダブルタップ』は前作から10年後、疑似家族として暮らしてきたタラハシー、コロンバス、ウィチタ、リトルロックの4人が、パワーもスピードもレベルアップしたゾンビと戦う姿をコミカルに描く。そこに加わることになる頭が弱めなギャル・マディソン(ゾーイ・ドゥイッチ)役の吹き替えは、女優の安達祐実が務める。(編集部・市川遥)

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』は11月22日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]