ADVERTISEMENT

玉城ティナの成長を監督が大絶賛!「ドンピシャ」

玉城ティナ主演で実写化
玉城ティナ主演で実写化

 玉城ティナが主演を務める映画『地獄少女』(公開中)の公開記念舞台あいさつが16日、新宿バルト9で行われ、玉城をはじめ橋本マナミ楽駆森七菜仁村紗和大場美奈SKE48)、藤田富白石晃士監督が登壇。白石監督が玉城を大絶賛した。

実写化にはプレッシャーも…舞台あいさつの様子【写真】

 本作は、アニメ、ライトノベル、ゲームなどさまざまなメディアで人気を博している「地獄少女」の実写映画化。午前0時にだけ開くウェブサイト「地獄通信」を通じて復讐(ふくしゅう)の代行を依頼・遂行する少女たちの姿を描いている。拍手に迎えられて壇上に立った玉城は「撮影から丸1年以上経って、昨日から公開。ホッとした気持ちです」とあいさつ。地獄少女と呼ばれる復讐執行人・閻魔あいを演じ、「今回は人間じゃない役。またいつもと全然違うわたしを見てもらえると思います」と役について語り、「実は過去には宇宙人役もやっていて、宇宙人と地獄はこれでやったので、次はほかに何ができるかなって考えています」と今後の人間以外の役にも意欲を見せる。

ADVERTISEMENT

 『貞子vs伽椰子』で一緒に仕事をした白石監督は、玉城の女優としての成長を「素晴らしい役者さんになられているなって。今回は全部お任せでした。玉城さんの作ってきたキャラクターがドンピシャで。演技に関しては何も言わなかった」と大絶賛。これに玉城は「何も言われなさ過ぎて不安でした。嫌われているのかなって」と照れくさそうに戸惑いを明かした。

 そして、「見た目すごくキャッチーでホラーで怖い作品と思うかもしれないですけど、内容は見てもらえればわかるとおり、それだけでなく、人間の普遍的な部分を描いていて、見た後にすごく考えさせられる作品になっていると思います」と作品について語った玉城。人気作品の実写化とあり、プレッシャーを感じての撮影だったとも話すが、「実写化作品としても特異な作品になったと思います。自信を持ってみなさんにおすすめできる作品になっています」と完成度に自信を見せた。

 橋本は悲しき遊女の妖怪・骨女を演じたが、やはりプレッシャーもあったとのこと。「SNSでは賛否あったみたいですけど、今のところ批判は届いていないのでホッとしています」とにっこり。また、実は「濃厚なキスシーンがあった」とも紹介。「それをカットされた」と監督に恨み節を述べて会場の笑いを誘っていた。(取材:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT