間宮祥太朗、松葉づえで舞台あいさつ登壇 主演映画を「粉骨砕身」と笑いでアピール

松葉づえをつきながらも笑顔で映画をアピールした間宮祥太朗

 間宮祥太朗が15日、新宿バルト9で行われた映画『殺さない彼と死なない彼女』の初日舞台あいさつに登壇。松葉づえをつきながらの登壇となった間宮は、ともに主演を務めた桜井日奈子らと力を合わせ“努力”の末に作り上げた本作と絡めて「粉骨砕身ですね」とコメントし、会場の笑いを誘った。この日は間宮と桜井とともに共演者の恒松祐里堀田真由箭内夢菜ゆうたろう小林啓一監督も来場した。

間宮祥太朗、桜井日奈子、恒松祐里、堀田真由ら若手人気キャストが集結!【写真】

 本作は、漫画家・世紀末の同名コミックを原作に、何事にも興味が持てない無気力男子高生(間宮)と、心優しい死にたがりの少女(桜井)の姿を描くラブストーリー。この日、間宮が松葉づえ姿でステージに登場すると、会場からは驚きの声が上がった。間宮は「ちょっと足を折ってしまいまして、お見苦しい姿で登壇してすみません」と切り出し、「心配してもらうようなことじゃないので、(足の骨を)折ったことは一度忘れていただいて、映画の話ができたらと思います」と観客に呼びかけた。

[PR]

 続いて、桜井が「ずっとこの日を楽しみにしていました。無事に初日を迎えられて……」と口にして、間宮のほうをチラリ。それ対して間宮が「無事に、と言ってこちらをチラリと見る」とツッコむと、会場は大笑い。さらに小林監督も「文字通り、スタッフ・キャストが骨を折って作った作品なので」と重ねて間宮の骨折をいじってみせると、間宮も「粉骨砕身ですね」と笑顔で応えた。

 劇中では、間宮の頭に桜井がリボンの髪留めをするというシーンがあるそうで、小林監督は「リボンをつけると、間宮くんはキティちゃんに似ているなと思ったんです。まつ毛も長いし、間宮くんで実写版キティちゃんをやりたい」とまさかのラブコール。間宮も「サンリオを背負って立ちますか」と満更でもない様子を見せる。すると、すかさず箭内が「わたしキティちゃんが大好きなんですよ。隣に実写版キティちゃんがいるなんて!」と続けて、間宮も「俺、告白されているのかな?」とおどけ、会場を沸かせた。

 ほかにも間宮と桜井のやりとりが印象的な本作。小林監督は「最初に間宮くんに『桜井日奈子を頼む』と言ったんです。演技で引っ張ってあげてほしいと。それを間宮くんは見事にやってくれた。間宮くんが桜井さんのお芝居を引き出してくれた感じですね」と満足げな顔で語った。(取材・文:壬生智裕)

映画『殺さない彼と死なない彼女』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]