クリヘム&ラファロ、日本のファンに感謝!東京コミコンが閉幕

ソー&ハルク、「東京コミコン2019」で再会! -クリス・ヘムズワース(右)とマーク・ラファロ(左)
ソー&ハルク、「東京コミコン2019」で再会! -クリス・ヘムズワース(右)とマーク・ラファロ(左)

 ポップカルチャーの祭典「東京コミコン2019」のクロージングセレモニーが24日、千葉・幕張メッセで行われ、クリス・ヘムズワースマーク・ラファロら海外ゲストが日本のファンに感謝の言葉を述べ、コミコン閉幕を惜しんだ。セレモニーにはその他、ジュード・ロウザカリー・リーヴァイオーランド・ブルームルパート・グリントイアン・サマーハルダーダニエル・ローガン、アンバサダーを務める浅野忠信、広報部長の宇垣美里が出席した。

クリヘム、ラファロ、ジュード!クロージングセレモニーに集結【画像】

 東京コミコン初参加となったクリスは、「三日間、素晴らしい時間をありがとう! 日本のみんなが、温かく親切に迎えてくれて本当に嬉しかったよ」と笑顔でコメント。フォトセッションでは、『アベンジャーズ』シリーズなどでソーを演じるクリスが、ハルク役のマークと熱いハグを交わし、日本での再会を喜ぶ姿も見られた。

[PR]

 イベント2日目から参加のマークは、「ドウモ、アリガト」と日本語であいさつ。「素晴らしいファンばかりで、みんな優しい。アメリカは恐ろしいから、日本に移住したいよ」とジョークを交えて会場を盛り上げた。

 また、クリスやマークと同じく東京コミコン初参加のジュードは、「本当に三日間、素晴らしい空間をありがとう! またお会いしましょう」と再会を約束。オーランドも、「日本に戻って、素晴らしい時間を過ごせて嬉しかった」と笑顔であいさつし、「ミンナ、ダイスキ!」と日本語で別れを惜しんだ。
 
 海外ゲストとコスプレイヤーたちが一緒に記念撮影をして幕を閉じた「東京コミコン2019」。イベントの最後では、早くも「東京コミコン2020」の開催が発表された。詳細は、イベント公式サイトで後日アナウンスされるという。(取材・文:編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]