『アナと雪の女王2』幼いアナ役は新津ちせだった!

Foorinのメンバーとしても活躍中!
Foorinのメンバーとしても活躍中!

 大ヒット公開中のディズニー映画『アナと雪の女王2』で、人気子役の新津ちせ(9)が幼いアナの吹き替え声優を務めていることが明らかになった。

【動画】新津ちせの声も!『アナと雪の女王2』予告編

 本作は2014年に日本でも公開され、興行収入255億円の大ヒットを記録した『アナと雪の女王』の続編。前作でありのままの自分を受け入れたエルサが、彼女にしか聞こえない不思議な歌声に導かれ、妹のアナたちと共に自身の力にまつわる謎を解き明かす旅に出る。

[PR]

アナと雪の女王2
(C) 2019 Disney. All Rights Reserved.

 新津は2014年にミュージカル「ミス・サイゴン」でデビュー。2017年、映画『3月のライオン 前編』『3月のライオン 後編』に出演し、注目を浴びた。現在は、米津玄師がプロデュースした「パプリカ」を歌うユニット・Foorinの最年少メンバーとしても大活躍。今年8月に公開されたアニメーション映画『ディリリとパリの時間旅行』などで吹き替え声優を務めた経験もある。

 ディズニーは「子供の頃のアナは、無邪気で明るいキャラクターで、家族を明るく照らすような存在です。アナのようにまわりを明るくしてくれるような新津さんの声がぴったりでしたので、アナを演じていただきました」と起用理由を明かしている。(編集部・中山雄一朗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]