中村倫也「プレッシャーもあった」手応え十分な一年を振り返る

今年の活躍を振り返った中村倫也
今年の活躍を振り返った中村倫也

 俳優の中村倫也が12日、東京會舘で行われた「エル シネマアワード2019」に出席し、今年の活躍を振り返った。

中村倫也、スタイリッシュ&華やかに登場!【写真】

 ファッションメディア「ELLE (エル)」が独自の視点で選出する「エル シネマアワード2019」で、今年目覚ましい活躍をした男性に贈られる「エル メン賞」を受賞した中村。ディオールのタキシード姿で登場し、トロフィーを受け取った。中村は「今年は手応えを感じた一年でした」と感慨深げに振り返り、「印象的な作品が多く、今後の財産になるような仕事をさせていただいた一年でした」と喜びの言葉を口にした。

[PR]

 今年は、ディズニー映画『アラジン』の日本語吹き替え版に参加するなど、多方面で活躍を見せた。「プレッシャーもありましたが、いい仕事ができたと思います。一緒に作った仲間に感謝したい」と満面の笑みを浮かべた。

 また、日本の映画界で輝く女優に贈られる「エル ベストアクトレス賞」には門脇麦が輝いた。「今年は若いキャストたちとの共演が多かった。今後は現場を支え、引っ張っていけるようになりたい」と力強く抱負を語った。

 中村と門脇のほか、今年のベスト映画を選ぶ「エル シネマ大賞」に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、日本の映画界で輝く監督に贈られる「エル ベストディレクター賞」に蜷川実花監督、今後の活躍に期待したい「エル・ガール ライジングスター賞」に佐久間由衣が選ばれた。(福住佐知子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]