山本耕史と生駒里奈、仮面ライダー出演に感激!

出演の反響を語った山本耕史
出演の反響を語った山本耕史

 俳優の山本耕史生駒里奈が21日、新宿バルト9で行われた映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』の初日舞台あいさつに出席、仮面ライダー映画に出演できた喜びを語った。この日は高橋文哉奥野壮岡田龍太郎鶴嶋乃愛井桁弘恵中川大輔砂川脩弥押田岳大幡しえり渡邊圭祐、そして杉原輝昭監督も来場した。

【動画】山本耕史、仮面ライダー1型の変身ポーズを自ら考案!(イベントの様子)

 仮面ライダーゼロワンと仮面ライダージオウの活躍を描く本作。人間がヒューマギアに支配されている世界で激しい戦いが繰り広げられ、ゼロワン誕生の秘密が明かされる。山本が演じたのは、高橋演じる主人公・飛電或人(ひでん・あると)の父・其雄(それお)。生駒は、仮面ライダーの世界の歴史改変を目論むタイムジャッカー・フィーニスにふんした。

[PR]

 仮面ライダー作品への出演が決まり、周囲の反応は非常に大きかったという山本。「保育園の先生とかも、それまではいい距離感で接してくれていたんですが、この仕事が決まった時に園長先生が紙に『見ます』と書いてくれて。そんなに好きだったんだと思って親近感を持ちました」とコメントした。脚本家の三谷幸喜からも連絡があったそうで、「三谷さんから『耕史くんは変身するの?』という連絡が来て。その時はテレビシリーズを撮っていた時だったので『まだわからないですけど、映画に続くと思います』と返したんですが、そうしたら『ぜひ変身してゼロワンと戦ってくれ』と(言われた)」とエピソードを披露した。

 そんな山本と親子の役柄を務めた高橋は「台本を読んで父親にぶつからなきゃいけないなと思っていたので緊張していた。お芝居のことで怒られたらどうしようとか、キチッとあいさつをしないといけないとかいろいろ考えて行ったら、すごく優しく受け入れてくれた。(山本が)キラキラ輝いていました」と感激しきり。

 それを聞いていた山本は「最初に二人(高橋と奥野)が並んだところを撮っていたんですけど、(奥野は)一年経って余裕があるなと思ったんですよ。そして(高橋は)これからのライダーで。見ていたら、一年って僕らにとっては一瞬だけど、彼らにとってはものすごい長い一年なんだなと実感していました」と話し、「(若手の俳優は)みなさんまじめです。理想を持ってきっちり作っているので。僕は世代は上から関わっているけど、初心に戻ったような、心が洗われた気になっていました。慣れれば慣れるほどいろんなことができるようになっていくけど、それと同時に大切なことを忘れることが多い。この現場にはみんなの愛がこもっている。だからこそ(観客の)みなさんが来てくれるんだなと思いました。やってよかったなと心から思いました」としみじみ付け加えた。

[PR]
生駒里奈

 そして生駒にとっても仮面ライダー出演は大きな出来事だったようだ。「わたしのファンの方もSNSで喜んでくれました。それから地元の親友がいて。普段連絡をとらないんですけど、『仮面ライダーに出るの? 見る!』と連絡があって。そういう連絡があったのは紅白に出場が決まって以来。それくらいビッグニュースだったんだなと思いました」と笑顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』は全国公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]