100年前の映像が蘇る!ピーター・ジャクソンの第1次世界大戦ドキュメンタリー『彼らは生きていた』予告編

ピーター・ジャクソン監督『彼らは生きていた』予告編 » 動画の詳細

 映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのピーター・ジャクソン監督が、終結から約100年が経つ第1次世界大戦の記録映像を修復し、再構築したドキュメンタリー『彼らは生きていた』(2020年1月25日公開)の予告編が公開された。

【動画】『彼らは生きていた』予告編

 本作は、イギリスの帝国戦争博物館に保存されている記録映像を再構築することで誕生したドキュメンタリー映画。第1次世界大戦の終結から100年となった2018年、400人以上のアーティストが動員され、2,200時間以上もの記録映像に、修復・着色・3D化という3段階の処理を実施。さらに、BBC局が所有していた600時間以上もの退役軍人のインタビュー音声や、兵士たちが話す口の動きを読唇術のプロが解析した言葉、効果音を追加し、99分の映画として再構築した。

[PR]

 予告編でも、100年前のものとは思えない映像が展開。口笛で奏でられる第1次世界大戦の軍歌に乗せ、粒子の荒い不鮮明なモノクロ映像が、リアルな着色が施された修復後の映像へと変化していく。「映画の撮影だぞ」とカメラを意識する若き兵士や、カメラ目線で笑顔を見せる兵士たちなど、一人ひとりの表情もイキイキと映し出され、現代に撮られた映画と見まがうほどの仕上がりだ。

 ジャクソン監督は「記録を残すために撮影していたのだから、できればカラーで撮影したかっただろうし、誰もが映像はできる限りよく見せたいと思うはず」と当時の戦場カメラマンたちを思いを代弁。本作について「現代の技術が、100年前のカメラマンに救いの手を差し伸べた映画なんだ」と語っている。貴重なドキュメンタリーであると共に、100年前、確かに戦場にいた、若者たちの心の動きさえ感じられるドラマとしても必見の一本となりそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『彼らは生きていた』は2020年1月25日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]