「麒麟がくる」初回視聴率は19%超の好スタート

長谷川博己(2019年6月に撮影)
長谷川博己(2019年6月に撮影)

 長谷川博己が主演を務める大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)の初回が19日に放送され、視聴率が19.1%だったことが明らかになった。(数字はすべてビデオリサーチ関東地区視聴率調査による)

豪華!長谷川博己「麒麟がくる」キャストビジュアル

 本作は、戦国の世に知将として名を馳せる明智光秀の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命を描く。「太平記」(1991)の池端俊策が脚本を担当し、主人公の光秀役を長谷川が担う。沢尻エリカが違法薬物所持の容疑で逮捕されたことにより、演じる予定だった帰蝶/濃姫が川口春奈に変更となり、初回放送日も1月5日から2週間遅れる形となったが、19日に初回を迎えた。

 なお、関西での視聴率は19.3%を記録。名古屋では20.6%といずれも高視聴率を獲得した。制作統括の落合将は「いよいよ大河ドラマ『麒麟がくる』が始まりました。すでに新年の撮影も始まっており、スタッフの士気はこれ以上ないほど高まっています。多くのみなさんに『麒麟がくる』をご覧いただき、光秀や駒から勇気を得て、月曜日からの一週間にのぞめるようなドラマづくりを、スタッフ・キャスト一同で頑張ってまいります。光秀の波乱万丈な人生を、1年間あたたかく見守っていただければ幸いです。なにとぞ応援よろしくお願いします」と意気込みを語っている。(編集部・梅山富美子)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]