バーフバリ俳優プラバースが殴る・撃つ・踊る!驚天動地アクション満載『サーホー』予告編

バーフバリの次はサーホーだ!? 『サーホー』ポスタービジュアル
バーフバリの次はサーホーだ!? 『サーホー』ポスタービジュアル

 異例のロングランで一大ブームを巻き起こしたインド映画『バーフバリ』シリーズで、伝説の戦士バーフバリを演じた俳優プラバースの主演最新作『サーホー』が3月27日より日本公開されることが決定し、インド映画らしいアクションとダンスを詰め込んだ予告編が公開された。

映画『サーホー』予告編

 プラバースが本作で演じるのは、伝説の捜査官アショーク。架空の都市ワージーで起きた3億ドル(約330億円)の盗難事件を追うアショークは、裏組織が隠し持つ巨万の富が眠った金庫の鍵「ブラックボックス」の存在にたどり着き、悪人たちよりも先に鍵を手にするため、縦横無尽のアクションを繰り広げる。

[PR]

 公開された予告編映像には、ブラックボックスをめぐって、まさに驚天動地なアクションを繰り広げるアショークの姿が満載。激しい肉弾戦に銃撃戦、ド派手なカーチェイスを展開したかと思えば、パラシュートもなく崖から飛び降り、ダンスまで披露。タイトルの“サーホー”とは、直訳すると「万歳」を意味するというが、それが物語にどうかかわるのか? 見れば見るほどわからなくなる一方で、アショークを演じるプラバースがとにかくかっこいいことだけは、これでもかと伝わる映像に仕上がっている。

 脚本・監督を務めたのは、『バーフバリ』を手掛けたS・S・ラージャマウリの愛弟子でもあるスジート。新鋭ながら、世界興行収入はオープニングだけで(2019年8月30日~9月1日)4,100万ドル(約45億円)を稼ぐヒットを記録した。アショークの相棒となる女性警察官アムリター役で『愛するがゆえに』(2015)などのシュラッダー・カプールが出演している。(数字は宣伝調べ、1ドル・110円計算)

映画『サーホー』は3月27日より新宿ピカデリー他にて全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]