ジブリパーク『千と千尋』食堂街も再現!総事業費は340億円

これは楽しみ!-「ジブリパーク」イメージ画像
これは楽しみ!-「ジブリパーク」イメージ画像 - (C)Studio Ghibli

 愛知県長久手市の愛・地球博記念公園に2022年秋開業予定となっている「ジブリパーク」の整備概要が4日、同県より発表された。新たに公開されたイメージ画像では、映画『千と千尋の神隠し』の食堂街を再現した空間も見られる。

「ジブリパーク」新たなイメージ画像が公開!【写真】

 同パークは「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」の5つのエリアで構成。うち「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」の3エリアが2022年秋に先行開業となり、残りはその1年後の開業を目指す。「ジブリパーク」の整備及び管理運営は、愛知県、スタジオジブリ、中日新聞社の三者で連携・協力して取り組んでいく。

[PR]

 「ジブリの大倉庫エリア」には、『千と千尋の神隠し』に登場する食堂街をイメージした空間が設けられるほか、映像展示室や企画展示室などが設置される。また「青春の丘エリア」では、映画『耳をすませば』の地球屋や、『猫の恩返し』に登場する猫の事務所が建設される予定だ。

 パーク全体の工事費は約310億円、設計・監修費を合わせた概算事業費は約340億円となっている。また、3エリア先行開業時には年間約100万人、全エリア開業時には年間約180万人の来園者を想定している。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]