ADVERTISEMENT

大泉洋、感涙の小池栄子に負けじとうそ泣き

うそ泣き中の大泉洋
うそ泣き中の大泉洋

 俳優の大泉洋小池栄子が23日、映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』(全国公開中)の感謝御礼舞台あいさつを成島出監督と共に東京・丸の内ピカデリーで行った。大勢の観客に感激した小池が涙を流すと、大泉は急きょ泣きまねをし、「欲しがるよねぇ」と小池に突っ込まれていた。

大泉洋の泣きまね!舞台挨拶【写真11枚】

 太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をケラリーノ・サンドロヴィッチが戯曲化した舞台を、『八日目の蝉』などの成島監督が映画化した喜劇。優柔不断だけど女にモテる雑誌編集長・田島周二(大泉)が、複数の愛人と手を切るために、金にがめつい永井キヌ子(小池)に妻のフリをしてもらうことから始まる騒動を描く。大勢の観客で会場が埋まったさまを目の当たりにした大泉は「ビックリしましたね」と驚いた様子を見せつつも、多くの人がマスク姿だったことに「世間ではマスクがないないと言われていますけど、まだまだありますね。こんなご時世に来ていただいてありがとうございます。僕らはこれから必死にトークをします。映画の余韻を台無しにするトークをこれからしますので、映画の余韻に浸りたい方はこのまま帰っていただいた方がいいと思います」と軽妙にあいさつ。

ADVERTISEMENT

 小池は感激の表情で「(劇場に)入った瞬間に感動しました。数ある作品の中で、この映画を観てくださって感動しております。ウルウルしております。お客さんが来てくださるか不安だったんですが、皆さまの笑顔もしっかりと見えます」と語ると、その瞳からは涙が溢れてくる。その様子に成島監督も感激した様子で「栄子ちゃんが横でウルウルとしているから、こっちもウルウルきてしまいました」と続けた。

 大泉は、そんな二人のしみじみした様子が悔しかったようで、突如、泣きまねを始めると「今日はお客さんが半分くらいしか来てくれないかと思っていたので、本当にありがとうございます」と改めてあいさつ。「欲しがるよねぇ」と言う小池に向かって、大泉は「小池栄子の株だけが上がってしまうのが悔しくてしょうがない。本当にそういうところずるいよな!」と身も蓋もないコメント。だが、小池は意に介さない様子で「全然涙が流れていないよね。(カメラマンたちの)フラッシュの量も減っているよ」と鋭いツッコミを入れていた。

グッドバイ

 本作の公開前に多くのテレビ番組で熱心なプロモーションを行った大泉と小池だが、小池は「さまざまな番組で(大泉に)かなりの暴言を吐きました。でもそれは、女優を捨てて、バラエティータレントとして吐いたものなので、その記憶はグッドバイしてもらいたいです」と本作のタイトルにちなんで懺悔。「都合がいいかもしれないけど、超リスペクトしているので。わたしまだ全然、お腹いっぱいになっていないので、朝の10分番組とかを一緒にやりたい」と大泉にラブコールを送るも、大泉は「(今回のキャンペーンで)あなたと一緒に朝の番組に出たけど、あなたのムチャぶりのせいで大泉にはMCは無理だと言われて。評判がガタ落ちですから」と提案をシャットアウト。続けて「朝の番組は無理。ここ1か月くらいの映画のキャンペーンがちょうどいい」と語るなど、二人が繰り広げる言葉の応酬に、場内は笑いの渦に包まれた。

ADVERTISEMENT

 そして、小池が「今回は親愛なる大泉さんと濃密なお芝居ができたので、出来ることなら、また何か違う形で映画を作れたらいいな」と言うと、大泉も「こう見えてコメディーをあまり映画ではやってこなかったものですから。また監督にコメディーを撮っていただいて。小池栄子ちゃんと出て。でもすぐに出ると、またかとなってしまいますから、数年後に。そして期間限定のキャンペーンを、“夫婦漫才”をやって、次はNGKに出たいなと思っておりますので。今日、面白かったという方は、少しでも多くの方に伝えていただければと思います」と客席に呼びかけた。(取材:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT