坂上忍、将来の夢は「愛犬たちと船旅」

愛犬・森田パグゾウとイベントに登場した坂上忍
愛犬・森田パグゾウとイベントに登場した坂上忍

 タレントの坂上忍が27日、都内で行われた映画『野性の呼び声』(2月28日公開)の公開記念イベントに愛犬・森田パグゾウと登壇し、将来の夢を語った。この日は、タレントのIMALUも愛犬のバルーを連れて出席し、坂上とSNS映えする写真撮影で対決。パグゾウのドアップ写真を撮った坂上に対して、IMALUはバルーと一緒に本作のパネルも入れた写真を撮影し、MCの判定でIMALUが勝利した。

坂上忍&IMALU、愛犬を抱っこ!【画像】

 作家ジャック・ロンドンの冒険小説を基に、地図にない未開の地を求める男ソーントン(ハリソン・フォード)と名犬バックの絆と冒険を描いた本作。一足先に作品を鑑賞した坂上は、「全編(自分たちと)重なりますし、始まって10分くらいで泣いてしまいました」と切り出すと、「人間と犬の関係性やコミュニケーションの取り方がよく描かれているので、途中で(犬のバックが)CGだと忘れるくらいびっくりしました」と告白。IMALUも「犬のちょっとした動きや表情が細かく描かれていたので、犬好きとしては可愛いと思えるポイントがいっぱいありました」と笑顔を見せた。

[PR]

 現在、犬14匹、猫3匹を飼っている坂上は、落ち着きなく歩き回るパグゾウに比べて、じっとしているIMALUの愛犬バルーに「すごくちゃんとしてる」と驚き。しかし、パグゾウも吠えることはなく、坂上も「ご飯の順番待ちをしているときに(小さく)『ウ~ン』というくらいで、吠えたことはないです」と自慢げに語った。

IMALU
IMALU、愛犬バルーと写真撮影!

 愛犬たちは、坂上の動きを把握しているようで「毎朝、僕が起きてソファーに座ってから、冷蔵庫にものを取りに行ったりしても無反応だけど、散歩に行くときの立ち上がり方がわかっているのか(出かけるつもりで立ち上がると)ピッと立ち上がる」と明かし、「それだけ(僕を)見てくれているということは、うれしくもあり、気を遣ってもらっちゃって申し訳なくもある」と心境を吐露した。

 犬たちとの生活の中で、我慢を覚えたという坂上は「僕はせっかちで、穏やかな性格ではないですけど、ここまで大家族になると我慢しかないので、ワンちゃんにほんのちょっと大人にしてもらったかもしれないです」としみじみ。将来は、海の近くに家を建てたいそうで「僕がもうちょっと年を取ってから、(犬たちと)どこかの島まで船で遊びに行けないかな? と思っている。色々なところに連れて行ってあげたい」と声を弾ませた。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]